いざという時の強い味方!シミ:シミと肝斑の違い

シミと肝斑の違い

シミには種類がありますが、肝斑は少しだけ特殊

シミには種類がありますが、肝斑は少しだけ特殊です。
鏡で顔を見たときに、一箇所だけに出来るのではなく、ほほ骨に沿うようにして左右対称性にあらわれやすく、まるでぼんやりと肌の上に描いた地図のように出てきます。
目尻の下のラインに出てくることもありますが、そのときも左右対称に現れます。

断定が難しい症状

あらわれるパーツには特徴があって、額やほほ骨周辺に口周りなどのパーツに、左右対称性に出てきます。
しかし顔の左右に老人性色素斑が、同じようなサイズで出ていることもありますので、本人だけの判断では断定が難しい症状でもあります。

色素としては薄い褐色

色素としては薄い褐色であり、あらわれる範囲左右対称で割と広いです。
それに輪郭がはっきりしないで、ぼやけているというのも特徴になります。
また、これも特徴ではありますが、ほほ骨二あたりには出るものの、目のまわりには出てはこないですし、よく見るとまるで色が抜けているようにも見えます。

発症しやすい年齢は?

この症状が発症しやすい年齢としては、的が随分と絞られており、30代から40歳代のアジア女性に多く見られる症状でもあります。
反対にこの年齢を通り過ぎて、高齢になってから症状が出ることは、あまり考えられません。

思春期の女性に多いのは?

思春期の女性に多いのはソバカスの症状であり、年齢が高くなってくるに連れて、老人性色素斑の症状が多くなってきます。
年齢的に60最以降の女性になると、色素沈着をした状態は薄くなることがあります。

原因となっているのは、体内のホルモンがアンバランスに

年齢的にも30代から40代の女性を悩ませる症状ですが、その原因となっているのは、体内のホルモンがアンバランスになっているためだと考えられています。
経口避妊薬の服用や、妊娠等によって状態は悪化しやすいために、アンバランスになりやすい女性ホルモンが、肌への影響を与えていると考えられています。

大きな変化がもたらされやすい時期

年代的にもライスステージに大きな変化がもたらされやすい時期ですので、この年代の女性たちは大きなストレスを抱えがちな世代でもあります。
過剰なストレスを抱えこむことでも、ホルモンは乱れますので、こうしたことも引き金にはなりやすいです。
もともと精神的にもデリケートな女性ですので、ストレスは症状を悪循環させることにもなります。

トラネキサム酸の内服薬の処方で改善を目指す方法

ですがこの症状は回復が無理なものではなく、大きな美容手術をしないでも、病院で処方される内服薬によって、改善の治療をしていくことができます。
皮膚科などでの病院で相談をして、トラネキサム酸の内服薬の処方で改善を目指す方法は、とても有効な手段だと言えます。
美容皮膚科などの場合でしたら、レーザー機器を導入してはいますが、従来のレーザー機器だと状態が悪化する可能性もありますので、内服薬での治療で回復を目指すのが良いでしょう。

トラネキサム酸の内服薬

病院でトラネキサム酸の内服薬を処方されたら、1日に2錠ほどを毎日飲むようにして、ひと月ほどは内服薬で様子を見てみましょう。
1ヶ月ほど飲み続けてみて肌の色に透明感が出てきたら、さらに服用を継続をすることで、満足な結果にまでたどり着くことができる希望は、十分にあります。

トラネキサム酸とビタミン剤

トラネキサム酸の内服薬とともに、ビタミン剤を処方してくれることもあります。
ビタミンCの錠剤は一般的な市販のサプリメントを飲むよりも、効果は高いものですので、処方をされたら一緒に飲むようにすることです。

再度の発症をする可能性がある

症状が落ち着いてきたと油をしない方が良いのは、再度の発症をする可能性があるためです。
もしもまた肝斑が出てきたら、2ヶ月間の時間をあけてから、トラネキサム酸のお薬の服用をすることができます。
ビタミン剤に関しては、継続をして服用をしていいでしょう。

肝斑を発症するのは?

肝斑を発症するのは、低用量ピルの服用や妊娠との関連性を指摘されていて、そういった背景から、女性ホルモンのアンバランスなことが影響をしていると考えられています。
30代でではじめる人は多く、発症をするのは50代までの女性です。
でも閉経を迎えると、次第に薄くなることもありますし、そのまま消えていくことさえあります。
そのため年齢的にもそれ以上の高齢者ですと、ほとんど発症はありません。

UVケアをしないまま素肌を紫外線に、、、

ですから原因は体内にあるということにはなりますが、それでも紫外線対策を怠るようなことは避けましょう。
あらゆるシミを予防していくためにも、余計に症状を悪化させないためにも、日頃からの紫外線対策は非常に重要になります。
UVケアをしないまま素肌を紫外線に晒していれば、肝斑の症状も悪化しやすくなりますので要注意です。

内服薬で改善はできるのが肝斑

内服薬で利用をするトラネキサム酸ですが、成分的にはアミノ酸になります。
直接的に女性ホルモンへの影響はしないのも、トラネキサム酸の特徴です。
メラノサイト活性化因子はプラスミンですが、これをトラネキサム酸の成分がブロックをしてくれます。
そうなれば肝斑になる原因である、メラニン色素の生成をセーブさせることができるので、症状を薄くしていく効果があるとう流れです。
短期的な改善ではなく時間はかかりますが、内服薬で改善はできるのが肝斑です。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“いざという時の強い味方!シミ:シミと肝斑の違い” への5件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。