いざという時の強い味方!シミ:シミのかゆみ…放置すると?

シミのかゆみ…放置すると?

美しい見た目を保ちつつ寿命が長くなることも可能

医療機器や技術の発展により、今まで治療法が不明であった病に対して原因や対象方法が分かるようになりました。
これに伴い人間という生物の寿命は数十年前と比較して長くなり、現在の日本では男女平均して約80歳は生存できるようになりました。
医療の進化は化粧水や乳液を初めとした美容製品の品質を上昇させており、美しい見た目を保ちつつ寿命が長くなることも可能です。

紫外線や老化、生活習慣の乱れといった原因でシワやたるみ、ニキビといった症状を引き起こす

それでも病という存在は無くならず今でも、脳や内蔵、手足などの身体の不調に悩まされてる人が存在するのは事実です。
これは肌トラブルにも言えたことであり、紫外線や老化、生活習慣の乱れといった原因でシワやたるみ、ニキビといった症状を引き起こす恐れがあります。
メラニンが蓄積されて地肌の色より濃く見えてしまうシミもその中の一つであり、前文で挙げた原因以外ではストレスやホルモンバランスの乱れが考えられます。
実はニキビやかぶれ、火傷といった肌の炎症によっても発症すると言われ、これは傷を治すために細胞と同時にメラノサイトも活性化してしまいメラニン色素の量が増え色素沈着が引き起こります。

発症の原因が異なります

人によってシミとソバカスを同じものと考えますが、実は発症の原因が異なります。
ソバカスは雀卵斑という正式名称を持っており多くの場合遺伝が要因で、顔や頬の周り、あるいはそれ以外に発症し通常のシミより小さな斑点なのが特徴です。
ソバカスの場合紫外線に当たると濃くなる性質をもちますが、色素沈着とは逆に歳を取ると薄くなる傾向があります。
それでもこれらの症状の引き金となるのはどちらもメラニンであることには変わりなく、紫外線を避けたり、ビタミンを摂るといった対処で症状を落ち着かせることが可能です。
こうしたケアを怠ると症状が悪化することに繋がり、シミの場合場合によってはかゆみを引き起こす可能性があります。
肌にできる色によって考えられる原因は異なり、赤い色素沈着の場合それは脂漏性湿疹や花粉症皮膚炎という別の病気が考えられます。

マラセチア真菌

前者はマラセチア真菌というカビの一種が増殖しこの菌が出した老廃物皮膚を刺激することでかゆみ、湿疹を発生させます。
これは放置しても生命に害を及ぼすわけではありませんが、顔の赤らみは不健康、不潔な印象を与えてしまうので皮膚科に受診すべきでしょう。

花粉

一方後者は名前のとおり花粉が関係しており、皮膚にそれが付着することで発生すると言われます。
実はこれは花粉症の人も、くしゃみや目のかゆみといった花粉症の症状を自覚しない人にも引き起こり、不調を感じたら医療機関に相談することをおすすめします。

脂漏性角化症

次に黒いシミの場合ですがまず考えられるのは、脂漏性角化症という老人性いぼとも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の一つです。
良性のため早急に取り除く必要はありませんが、脂漏性湿疹と同様自然治癒が難しい皮膚疾患です。
そのためこれを放置すると皮膚が盛り上がったり、指で触るとポロポロと剥がれ落ちてしまい見た目に悪影響を与えます。
症状をなくすためには皮膚科や美容外科で、レーザーや冷凍療法といった手段で治療が可能です。
しかし進行が進み大きくなった場合、手術を行う可能性もあるので症状が小さいうちに医療機関へ向かうようにしましょう。

肌の色素沈着にかゆみが発生する原因

肌の色素沈着にかゆみが発生する原因に乾燥も考えられ、これは皮膚の水分量が減少することでバリア機能が低下し外からの刺激に弱くなるため引き起こると言われます。
この時に肌が乾燥しているからといって、パックや化粧品を多量に付けると逆にそれが刺激となって症状を悪化させるかもしれません。
かゆみが出るのは肌が弱ってるいるサインなので、普段使ってる化粧品は控え皮膚に刺激を与えないように回復を待つことが大切でしょう。
こうした症状を予防するためにも、スキンケアは必須であり化粧水を小まめに身につけることで状態悪化を防ぐことが可能です。

症状に合った化粧品選びが大切

シミはかゆみを伴わなければ様々な種類に分かれており症状に合った化粧品選びが大切です。
しかし中には脂漏性角化症のように既に肌に発生した場合、化粧水では治癒できないものもあります。
それでも肌トラブルの原因となるメラニンの生成を抑制できれば、こうした症状に悩まされるリスクは減少するのも事実です。
こうした肌に必要なのは保湿とターンオーバーを促す成分であり、表皮の角質層にはセラミド、真皮にはヒアルロン酸などがおすすめです。

セラミドは美白ケアの基本

特にセラミドは美白ケアの基本であり、肌を美しく見せたい人には欠かせないものです。
この他にはビタミンCやハイドロキノンを含んだものがおすすめでありメラニンを還元する効果を持ちます。
メラニンを抑制するのならビタミンC誘導体やプラセンタが友好的であり、こうした成分によって私たちの肌が守られるので成分表示はチェックは忘れないようにしましょう。
季節によって外から肌にかかる負担は異なり、環境に合わせて化粧水の量を調整することも大切でありこれによって肌トラブルを避けることが可能です。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“いざという時の強い味方!シミ:シミのかゆみ…放置すると?” への6件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  5. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  6. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。