いざという時の強い味方!シミ:シミは皮膚科に相談

シミは皮膚科に相談

シミは皮膚科に相談を!

シミは皮膚科に相談をして、前向きな改善のための治療をしていくことができます。
一般的な皮膚科での治療方法は、内服薬と外用薬での、時間をかけての治療方法になります。
市販品のサプリメントや、市販の美白コスメを使うよりも、病院での処方薬の方が、ホームケアとしての改善対策では、効果が高いと言えるでしょう。
即効性はないものの、自宅で自分の管理に下で、気長にゆっくりと肌状態を明るくしていくことができます。

トランサミン

病院での処方薬には、いくつかの美白のための種類があります。
トランサミンも服用薬として、処方をされる医薬品の一つです。
別名ではトラネキサム酸とも呼ばれていて、一般的な病院では、血管の壁を強くするために処方されて、出血しにくくさせる効果もあるお薬です。
必ず医師の診断のもとで、病院で処方をされる医薬品です。

皮膚の色素沈着の治療薬

いろいろなシミや、皮膚の色素沈着の治療薬としても、病院では処方されています。
安全性の高い医薬品ですので、大きな副作用などはないですが、過剰な摂取をするのは避けましょう。
服用量を守らないと、軽度の副作用として、胸焼けや食欲不振、発疹や嘔吐などの症状を引き起こすこともあります。

ビタミンCの錠剤

ビタミンCの錠剤である、ビタミン剤の処方も、美白の治療では必ずと言っていいほど、処方をされるお薬の一つです。
パントテン酸とアスコルビン酸を配合している、複合ビタミン剤などは、肝斑治療でも処方をされる種類になります。

真皮層のコラーゲン生成を促す

このビタミン剤を服用することで、皮膚の色素沈着を改善していく働きがありますし、糖質や脂質の代謝を良くしていくことにもなります。
内服によって真皮層のコラーゲン生成を促すことにもなりますし、そのために皮膚組織までも丈夫にしていくことができます。

パントテン酸はビタミンB5の栄養素

パントテン酸はビタミンB5の栄養素であり、アスコルビン酸はビタミンCの成分です。
ビタミンCの成分は強い抗酸化作用を持ちますので、細胞の保護にもなりますし、抵抗力や免疫力を向上させることにもなります。
水溶性ビタミン同士ですので、万が一大量摂取をしたとしても、体内蓄積にはならずに排出されます。

ビタミンEの栄養成分の錠剤

ビタミンCと一緒に処方をされやすいのは、ビタミンEの栄養成分の錠剤です。
若返りのビタミンとしても多くの女性が注目をするビタミンではありますが、抗酸化k力はとても強いですし、体内や皮膚の老化防止作用にもなります。
活性酸素が原因となって、メラニン色素はつくられています。

チロシナーゼ

体内で活性酸素が出来ることで、情報伝達物質が放出します。
色素細胞であるチロシナーゼを活性化させることになり、チロシンをメラニン色素へと変えます。
強力な抗酸化作用があるのがビタミンEですので、メラニンを作る工程を活性化酸素の除去によってブロックをすることができます。

L-システイン

L-システインの内服薬の処方をされることもありますが、これはアミノ酸のひとつです。
いつもの食事ではしっかり摂取をするのは難しいので、体内には不足をしやすいです。
ビタミンCの成分とタッグを組んで、メラニン色素の過剰な摂取を抑える働きをします。

L-システインを摂り入れることによって、コラーゲン生成

L-システインは摂取により、皮膚の新陳代謝を正常化させるためにも役立ちます。
そして角質層に沈着をしたメラニン色素を、排出させるためにも働く成分です。
体内においてはL-システインを摂り入れることによって、コラーゲン生成がされるので、角層は柔軟になりますし、皮膚にはハリも出てきます。

新しい素肌へと生まれ変わりを

人間の皮膚はいつまでも同じではなく、一定の期間を経て、新しい素肌へと生まれ変わりを繰り返しています。
皮膚の生まれ変わりはターンオーバーと呼ばれるものであり、L-システインの栄養素は皮膚代謝を正常化させて行くことによって、シミなどをはじめとした皮膚のトラブルを、改善していくために役立つことになります。

ハイドロキノン軟膏

皮膚科での治療としては、内服薬を飲みながら、外用薬の処方で、自宅でのケアをしていく方法もあります。
処方薬のひとつに、ハイドロキノン軟膏があります。
ハイドロキノンは、出来てしまった肌のシミやニキビ跡を、薬用のクリームで解消をしていくための処方薬です。

ハイドロキノン

メラニン色素の生成を抑制する効果がありますので、解消にもなりますが予防に利用できます。
皮膚の下の部分ではメラノサイトがメラニンを生成していますが、そのメラノサイトの細胞を、ハイドロキノンは減らす作用を持っています。
そのためハイドロキノンは別名では、お肌の漂白剤とも言われている所以です。

トレチノイン軟膏

ハイドロキノンと同じように、皮膚科で処方される塗薬として、トレチノイン軟膏もよくある医薬品です。
ビタミンA誘導体であるトレチノインは、普通のビタミンAよりもおよそ50倍から100倍の効果をもたらします。

トレチノインのクリームを塗る

トレチノインのクリームを塗ることで、気になる部位の角質を穏やかにはがしていく、ピーリングの作用がもたらされます。
皮膚細胞分裂の早さがアップしますので、皮膚の新陳代謝が早くなって、新しい皮膚との入れ替えもスピーディーになります。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“いざという時の強い味方!シミ:シミは皮膚科に相談” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。