いざという時の強い味方!シミ:シミをコンシーラーで隠す

シミに良い食べ物とは

どんなに高級な美容液をつかってもなかなか消えない頑固なシミ、なかったことにしたいですよね。
そんな時は、メイクでなんとかするというのもひとつの手です。
その際活躍する強い味方のアイテムがコンシーラーです。
実は、気になるシミをファンデーションだけで隠すというのは難しいこと。
無理に隠そうとするとかえって厚塗り感が出てしまい、老けた印象や時代遅れのメイクという印象になりがちです。
キレイになりたいがためのメイクアップなのに、それでは元も子もないですよね。
そんな悲惨な事態を避けるためにも正しいメイク法をしっかりと身に着けることが必要なのです。

コンシーラーにはさまざまなタイプのものがありますので、悩みや使いたい部分に合わせて使い分けましょう。
例えば、目元や口元などよく動きヨレやすい部分にはリキッドタイプが適しています。
筆と一体化したペン型のものが多く発売されていますね。
うす付きなのでヨレにくく、自然に色ムラをカバーしてくれるのが特徴です。
広範囲に点在するそばかすのようなシミにもこのタイプが使いやすいでしょう。
しかしナチュラルなうす付きのためカバー力は低めなので、濃いシミには不向きです。
使い方はリキッドファンデーションをお使いの方はファンデーションの後に、パウダーファンデーションであればファンデーションの前に、気になる部分に伸ばします。
塗っているところと塗っていないところの境目は指かパフで自然にぼかしましょう。
最後にフィニッシングパウダーをはたくことでさらにヨレを防ぎます。
パールや細かいラメが入ったフィニッシングパウダーを選ぶと、光の錯覚でより色ムラが目立ちにくくなる上にハイライト効果で立体感もでるのでおすすめです。

では一方で濃いものにはどのようなタイプのコンシーラーがいいかというと、パレットタイプやスティックタイプが適しているでしょう。
硬めのテクスチャーなので、カバー力で右に出るものはいません。
ただし、べた塗りは禁物です。
あくまでもうす付きを心がけないと、時間が経ったときヨレやくずれの原因になります。
筆やパフを使うと均一に伸ばすことができるのでベターでしょう。
パレットタイプの長所は混ぜて使えて自分に合ったカラーが作れるところです。
また、パレットの中のハイライトカラーやシェーディングカラーを使えば顔に立体感を出すメイクにも一役買ってくれます。

一方のスティックタイプは手を汚さずに使える上、狙ったところに使いやすく手軽にメイクアップができるのが特徴です。
使い方は、先ほどのリキッドコンシーラーと同様の手順で使っていきます。
スティック、パレットどちらもシミが隠れる程度の厚みで置いてから境目を丁寧にぼかしましょう。
カラー選びのポイントとしては、色が黒っぽいものにはオレンジ系のカラーを使用しましょう。
黒い色に白っぽいカラーを重ねると、時間が経ったときグレーっぽく浮かび上がってしまうので注意が必要です。
白肌に仕上げたい場合でもまずはオレンジ系を重ねてから、ファンデーションやパウダーで全体のスキンカラーを調節しましょう。

他にもクリームタイプのものがあり、リキッドタイプとパレットやスティックタイプの中間のテクスチャーです。
リップグロスのような容器に入っているものが多く、使いやすいです。
リキッドタイプよりもカバー力が高いので、目元、口元や広範囲に使いたいけどリキッドタイプでは物足りないという方はこちらを試してみるといいでしょう。
また、パール入りのメイク下地を混ぜることでテクスチャーの調節や、肌の仕上がりの質感を変えることができます。

さらに、素肌に自信がある部分は思い切って何も塗らないということもベースメイクテクニックのひとつです。
最近はあまり作り込まないナチュラルメークが流行っているので、隠したい部分はしっかり隠して、出せる部分は出すことで元々肌がきれいな人のような印象を引き出すことができます。
これはプロのメークアップアーティストやモデルも実践しているテクニックです。
特に輪郭は何も塗らないことで自然なカラーグラデーションが生まれ、立体感のある仕上がりになるのでおすすめです。

最後に、コンシーラーには美白作用のある有効成分を含んだものも多く発売されています。
夜は美容液やナイトクリームで、昼間はメイクアップで24時間集中的にシミ対策ができるのは魅力的ですよね。
自分の肌の状態をきちんと把握して、メイクアップ中でも効率的なケアをしてあげましょう。

いかがだったでしょうか。
コンシーラーは肌のコンプレックスを文字通り隠す、最終兵器ということがお分かりいただけましたか。
憂鬱なコンプレックスも、ちょっとした工夫でなかったことにできちゃうんです。
自分の肌色や用途に合わせてカラー同士を混ぜ合わせたり違うアイテムと組み合わせたりして、一番理想の肌へ近づけるメイク法を研究してみてくださいね。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“いざという時の強い味方!シミ:シミをコンシーラーで隠す” への6件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  5. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  6. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。