さつまいもに含まれるクロロゲン酸の力:シミ解消

さつまいもに含まれるクロロゲン酸の力でシミ解消

さつまいもに含まれているクロロゲン酸とは

シミ解消には、抗酸化作用のある成分が効果的なので、さつまいもに含まれているクロロゲン酸などを摂取すると紫外線による悪影響を最小限に抑えることができるので、顔などのシミをできにくくすることができます。
ポリフェノールは植物が外敵などから身を守るための物質で、小動物に対しては毒性があるのですが、人間にとっては、免疫力を高める効果があるので、積極的に摂取することで病気になりにくい体を作ることができます。

シミ解消は基本的には紫外線を浴びないようにすることが重要なのですが、新陳代謝の能力が低下していると、皮膚が新しく生まれ変わるまでに時間がかかるので、色素が沈着して、シミになってしまいます。
紫外線を浴びると活性酸素が体内に作られるので、皮膚の表面や毛細血管を老化させてしまいます。
老化を防ぐためには、活性酸素を減らすことが必要になりますが、年齢を重ねるとともに活性酸素を中和する機能が衰えていきます。
そのためにクロロゲン酸などの抗酸化物質で活性酸素を減らすことが重要視されていて、色素を持っている植物を食べることで活性酸素を効果的に減らすことができるとされています。

 

クロロゲン酸の摂取方法

さつまいもの場合は、皮の部分などに茶色の色素を持つクロロゲン酸を含んでいて、同じ物質がコーヒーにも含まれています。
血管などを健康に保つだけでなく、脂肪の吸収を抑える効果もあることから、特定保健用食品として販売されています。

トマトにはピンクの色素を持つリコピンが含まれていて、心臓疾患や脳血管障害などを予防する効果が高いとして注目されています。
ポリフェノールは色素なので、色の濃いものの方が含まれている成分の量が多いとされていて、日本産のトマトよりもジュースやケチャップなどに使用されているイタリア産のトマトのほうがリコピンを多く含んでいます。

さつまいもの場合は、クロロゲン酸の他にもアントシアニンを含んでいる品種があるので、より多くの抗酸化物質を摂取したい場合には、紫芋を食べると良いとされています。
アントシアニンは青色の色素なので、紫外線から目の組織を保護する効果が高いとされていて、サプリメントなどから摂取することで、テレビやパソコン、スマートフォンなどによる目の疲れを軽減することができます。

アントシアニンをたくさん摂取するためには、紫芋やブルーベリーなどを食べる必要がありますが、ジャムなどに加工することで、濃度が高まるので、加工品を積極的に食べることで、ポリフェノールの摂取量を増やすことができます。

 

抗酸化作用とポリフェノール

抗酸化作用やポリフェノールという言葉は、健康に対する意識の強いひとにとっては、人気のあるキーワードとなっていますが、たくさん摂取することで、血管の状態を良くするという効果だけが知られていますが、実際にはポリフェノールの微量の毒素を含んでいるので、この毒素に対して人間の免疫機能が働くことで、免疫力が高まって、血管が若返るという仕組みになっています。

抗酸化作用の強い果物や野菜と同じ効果は、ウォーキングなどの有酸素運動にもあるとされていて、体を動かすことで血管に微小な傷を作ることで、免疫力を高めて、血管を強くして、心臓病や脳血管障害を予防することができます。
有酸素運動をする場合には、毎日30分以上が目安とされていますが、日常生活の中で積極的に活動をして、体を動かすことでウォーキングと同等かそれ以上の健康効果があるとされています。
また高齢者になると筋肉の量が減少するので、筋力トレーニングをする必要がありますが、筋肉を鍛えることで、一時的に免疫力が低下するので、抗酸化作用のある果物などを積極的に摂取して、回復力を高めることが大切です。
筋力トレーニングをすると体内の活性酸素が増えてしまうので、増えすぎた活性酸素を減らすために、クロロゲン酸のような抗酸化作用の強い物質が必要となります。

 

女性ホルモンバランスを整えてシミを防ごう

30歳くらいまでは、活性酸素を除去するための酵素が体の中で作られているので、シミなどはできにくいのですが、それ以上の年齢になると活性酸素を除去することができないので、野菜や果物を積極的に食べることで対処するしか方法はありません。
女性の場合は、女性ホルモンのバランスが変化することでも、シミなどの肌のトラブルが起きやすくなるので、気になる場合には婦人科などを受診して、ホルモン検査をする必要があります。
女性ホルモンは年齢や出産などに影響されて分泌量を変化させるので、体調が急激に変化をして、その状態が長く続く場合には、ホルモン療法などをしてホルモンバランスを整えなければなりません。
またホルモンバランスが崩れると、黄体ホルモンの影響によって、便秘になりやすくなったり、むくみが生じやすくなるので、さつまいものように食物繊維をたくさん含んでいる食物を食べたり、きゅうりのように水分の排出作用のある食べ物を積極的に食べることで、不快な症状を取り除くことができます。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“さつまいもに含まれるクロロゲン酸の力:シミ解消” への6件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。