最低限知っておきたいシミの豆知識:シミと女性ホルモン

最低限知っておきたい!シミと女性ホルモン

シミと女性ホルモンの関係

シミの原因と言えば紫外線でメラニン色素が出来てしまうというイメージがあります。
肌に紫外線が当たると肌細胞を紫外線から守るためにメラニン色素が作られてバリア機能の役割を果たしているのですが、特に女性にとってはあまり嬉しいものではありません。
肌を紫外線から守るためのUVケア商品やUVケア機能を持った化粧品も多く販売されていますが、それでも出来てしまうシミがあります。
その原因は女性ホルモンだと言われています。
女性に多く分泌されている女性ホルモンは排卵を引き起こして妊娠したり、美肌を保ったり女性らしい柔らかなボディラインを作るために必要不可欠なものです。
しかしストレスや疲労、妊娠などでそのバランスが崩れてしまうと女性の身体に大きな影響を与えてしまいます。
50メートルプール一杯の水にティースプーン1杯のホルモンを入れるだけでその水質は変化してしまうと言われるほど少量で大きな影響を与えるものです。
そのため、ほんの少しのバランスの乱れが身体に大きな影響を与えてしまいます。
その中の一つがシミが出来やすくなってしまうというものです。

 

女性ホルモン・エストロゲン

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは妊娠するために必要な卵子を育てたり自律神経や感情、脳の動きを整える、肌の状態を良くするために必要なホルモンですが、何らかの理由で分泌バランスが崩れてしまうと脳は「エストロゲンをもっと分泌して」という信号を出します。
その信号はメラニン色素を生成するメラノサイトを刺激するホルモンも活性化させてしまうため、どれだけUVケアを行って紫外線を防いでいてもメラノサイトが活発化してしまってメラニンが生成されてしまうのです。
生理が終わってしばらくはエストロゲンの分泌量が多いため肌の調子も良いですが、生理の2週間ほど前になると肌荒れになったり色素沈着が起こりやすくなるのもエストロゲンの分泌量が減少する時期に入っているためだと考えられています。
特に妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化するためメラノサイト刺激ホルモンも活性化してしまい、メラニン色素が生成されやすくなってしまいます。
出産後も一気にエストロゲンの分泌量が減ってしまう時期のため、注意が必要になります。

 

女性ホルモンの影響でできるシミ

また、女性ホルモンの影響を受けて出来てしまうシミに肝斑があります。
肝斑は30代後半ごろからの女性に見られるもので、頬骨の下のあたりから場合によってはこめかみのあたり、眉毛の上の方や目じりの下にまで出来てしまうもので、左右対称にできるのが特徴です。
はっきりとした形ではなく、もやもやとした形状をしていることも特徴の一つです。
50歳代前半頃までの女性にできやすく、それ以降は閉経することでエストロゲンの影響を受けなくなるので色が薄くなったり消えたりするため、高齢者になると肝斑はほとんど見られなくなります。
妊娠や経口避妊薬を服用していることがきっかけで肝斑が出来てしまいやすいため、女性ホルモンが影響していると言われています。
肝斑は通常の紫外線が原因でできたメラニン色素のようにビタミンCやアルブチンといった美白成分をどれだけ使用しても変化が見られないと言われており、肝斑の改善効果があることが立証されているトラネキサム酸配合の内服薬や化粧品を利用すると良いでしょう。
しかしトラネキサム酸はホルモンに働きかけるわけではなく、メラノサイトの働きを活発にするプラスミンという酵素の働きを抑制することでメラニンが生成されるのを防ぐものです。
ホルモンの分泌バランスを整える努力も必要になります。
また、肝斑はホルモンの影響だからUVケアをしなくて良い、というわけではありません。
紫外線はメラニン色素を増やしてしまう要素であることには変わりがありませんから、肝斑が出来ている人もこれ以上症状が悪化するのを防ぐためにもUVケアはしっかりと行う必要があります。

 

 

女性ホルモンのバランスを整えシミを改善

ホルモンの分泌バランスを整えるためには生活習慣の改善が重要になります。
ストレスや疲労、睡眠不足や過度のダイエットによる急激な体重変化などは自律神経の働きを乱してホルモンの分泌量を大きく崩してしまう原因になると言われています。
20代~30代の頃は多少のストレスや急激なダイエットでエストロゲンの分泌量が乱れても体力があるため何とかなることが多いのですが、年齢を重ねると肌への影響だけではなく健康自体への影響が出てしまうケースは少なくありません。
年齢を重ねてから悩む前に、まずは生活習慣の改善を行っていきましょう。
また生活習慣の改善と同時に不足してしまいがちなエストロゲンを植物性エストロゲンと呼ばれるイソフラボンを含む大豆製品やザクロ、サプリメントで摂取することもできますが、毎日大量に摂取すると逆にホルモンバランスを崩してしまう可能性もあります。
生活習慣の改善を行うことが、ホルモンバランスを整えてシミの発生を抑制するための第一歩とも言えるのではないでしょうか。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要