最低限知っておきたいシミの豆知識:シミと赤ら顔

 最低限知っておきたい!シミと赤ら顔

シミと赤ら顔の原因、紫外線

肌トラブルの代表格であるシミや黒ずみ。
近年は、様々なスキンケア商品やサプリメントが登場し、効果面でもかなり向上していると言われています。
しかしその一方で、私たちを取り巻く環境が悪化の一途をたどり、シミの主な原因である紫外線が、地上に降り注ぐ量も年々多くなっていますね。
さて、シミがメラニン色素と大きく関係していることは皆さんもご存じでしょう。
メラニンと聞くと、悪のように思われてしまう節がありますが、実際は、私たちの身体が本来持つ、防衛・免疫機能の一つなのです。
私たちの表皮が外部の刺激や摩擦を受けると、メラノサイトに信号が送られます。
メラノサイトはメラニンという色素を生成、細胞内のメラノソームという小胞に蓄積していくのです。
結果的に、メラニンはケラチノサイトという部分に溜まっていき、紫外線から細胞核を守る働きをになってくれているのです。
メラニンというと、黒っぽい印象をお持ちの方が殆どかと思いますが、メラノサイトで生成されたメラニンは、うすいピンク色をしているのです。
しかし、この色素はやがてUVA(A波)の働きによって酸化され、褐色に変わっていきます。
これが日焼けやシミのメカニズムです。
同じように日焼けをした方でも、顔が赤くなる人がいます。
赤ら顔になる人は、色白の人が多いのではないでしょうか。
もしくは、普段から赤ら顔の方は、日光を浴びてもすぐに黒く焼けずに、赤味が増してヒリヒリする、といった声も聞かれます。
「赤くなるだけで日焼けしない」と一見良いことのように思われますが、このタイプの人は要注意だと言われています。

 

赤ら顔になる理由は?

赤ら顔の理由は、皮膚が薄いことです。
皮膚が薄い為に、毛細血管が通常よりも表面化し、何かあるごとに、ヒリヒリしたり、顔がはれたりしてしまうのです。
日焼けで肌が赤くなる現象は、皮膚が紫外線によって刺激をうけ、傷ついていることを意味します。
また、層が薄い為、真皮にまでその影響が及びます。
色白の方や敏感肌の人は紫外線(B波)から肌を守ろうとするメラニンの生成の早さが遅いことが殆どです。
メラニンは、先にも述べた通り、紫外線から細胞核を守る働きがあるので、これが遅い人や弱い人は、紫外線への耐性が低いため細胞に傷がつきやすく、日に当たると赤くヒリヒリと痛みが出ます。
メラニンの生成が遅ければシミにならないのではという考えは、正しいとは言えず、表皮まで傷ついている場合、ターンオーバーが滞ったり、ちょっとしたことでも肌が刺激され、シミやそばかすのトラブルが起きやすいと言えるでしょう。
また、赤ら顔と言われる人は、日光に当たらなくても、冬の寒さや、摩擦によっても敏感に反応します。
特に、敏感肌の人は、日常的なスキンケアでも影響を受けてしまうと言えます。
例えば、スクラブやピーリングなどのケミカルな洗浄力は、肌が薄い人にとっては逆効果。
肌を研磨してしまい、ますます赤ら顔の原因になってしまいます。

 

 

赤ら顔になりやすい人は皮膚が薄い人

また、皮膚が薄い人は、様々な刺激から、皮脂の分泌が多い場合も多く、その結果ニキビや吹き出物ができる場合もあります。
皮脂をさっぱり洗い流す洗浄力の強い石鹸や洗顔フォーム、メイク落としは、洗い上がりは気持ちが良いですが、肌の必要な油分と、必要な肌の膜までもを削り取ってしまいます。
肌にとって一番大事な水分を保持する保湿力を角質を剥がすことで、ますます肌に水分が蓄えられず、乾燥、乾燥から守る為の皮脂の増加、しみやそばかす、ヒリヒリとした痛みなどの症状があらわれることになるでしょう。

 

 

しみや赤ら顔を治すには

このように、しみや赤ら顔の関係を一つとっても、様々な原因と状態が潜んでいることがお分かりかと思います。
ですから、皮膚が薄い人は、できるだけ、紫外線や摩擦などの外部からの刺激を避ける努力をしなければなりません。
無防備で炎天下で過ごしたり、ピーリングやスクラブを多用したりすると、取り返しのつかないボロボロ肌になってしまう恐れがあります。
すべての美肌の基本は生活習慣とスキンケアからと言われます。
自分の肌が普通よりも敏感だなと感じたら、一度日々の基礎化粧品、スキンケアの仕方、紫外線防止の方法、生活パターンなどを見直してみましょう。
敏感肌の人は、影響を受けやすい分、良い結果も出やすいのです。
しみ予防や美肌において、全ての肌に共通して言えることは、新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常化させることです。
「汚れを取り除く」、「皮脂を取り過ぎない」、「水分を十分に補給する」、「紫外線や摩擦から肌を守る」など、これらを日々の生活の中できちんと心がけるだけでもターンオーバーが正常に促され、美肌が保たれます。
さらに、生活習慣や女性ホルモンのバランスを整えるライフスタイルを継続すれば、老化に伴う様々な肌の悩みに対処できるでしょう。
しみや赤味を隠す前に、まずは、今の現状を悪化させないような努力を心がけていくことが大切です。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“最低限知っておきたいシミの豆知識:シミと赤ら顔” への5件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。