シミに効く成分の特徴と働き:アルブチン

シミに効く成分アルブチンの特徴と働き

 

 

シミを消す成分アルブチンとは

シミを予防したり消すためにも有効な、ハイドロキノンやビタミンCと肩を並べるほど、アルブチンの成分は美白効果が期待される成分です。
ハイドロキノン糖誘導体といった別名を持つほどの成分であり、それはブドウ糖にハイドロキノンが結合している成分だからです。
化学合成の成分と、天然植物のコケモモより抽出成分があります。
ハイドロキノンとは化学構造がにているところがあるものの、働きとしてはもっと穏やかです。
効果はハイドロキノンよりもソフトという点で安全性もその分高めなので、市販のホワイトニング化粧品にも配合されています。

 

シミができる原因

皮膚にソバカスやシミができてしまう原因は、メラニン色素によるものです。
太陽の紫外線を浴びることにより、皮膚の下の方に存在をしている、メラノサイトでは、酵素のチロシナーゼとアミノ酸のチロシンの合成がされて、結果的に白人は誕生をします。
皮膚を守るためのメラニン色素は、過剰な紫外線量ですと、皮膚のサイクルが間に合わなくなりますので、そのまま皮膚細胞へと、メラニン色素は沈着をします。
そのまま皮膚には、ソバカスなどの願ってはいない色素沈着となり残ります。

スキンケアによって肌にアルブチンの成分が浸透をすることによって、酵素であるチロシナーゼの働きを阻害することができますので、メラニン色素生成量は減少をしていきます。
メラニン色素が生産される量は少なくなりますので、皮膚上の色素沈着の予防や解消にも役立つことになります。

この肌へのホワイトニング効果に関しては、ハイドロキノンとよく似ているものであり、化学的構造が似ているだけに、働きも似ているということです。
しかしハイドロキノンはとても強力な成分ですが、そこまでの力はないですし、ハイドロキノンとは異なりマイルドな美白を叶えることになります。
化粧品でのスキンケアで使用をしていくのであれば、ホワイトニング効果を実感するためにも長い期間を根気よく使ってスキンケアをする必要があります。
ニキビ跡でも色素沈着状態のものや、メラニン異常増殖や肝斑などに対しても、ホワイトニングの効果をもたらすとも言われています。

 

シミを消す成分アルブチンの特徴

種類があるというのも特徴的であり、代表的なのはαとβがあるということです。
ウワウルシの葉であったり、コケモモより、αもβも抽出をされる成分です。
使用する際の肌への親和性に関しては、この2種類には利害があります。

アルブチンにはいくつかの種類があり、美白効果にも違いがみられると言われています。
代表的なものして、α-アルブチンとβ-アルブチンの2つの種類が挙げられます。
αもβも同じコケモモやウワウルシの葉などから抽出される成分なのですが、その違いは肌との親和性にあります。
親和性の高さでいうと、αよりももβもの方が上であり、その比較としてはおよそ10倍もの数字になります。
ですからスキンケアでの肌馴染みもそれだけ良くなりますし、浸透力に長けているということは、お肌への効果もそれだけ期待ができることになります。
時間をかけてゆっくりとお肌へと働きかけていくのは、αの方ですので即効性はないものの、予防のためにしようをするにはピッタリです。
皮膚の色素沈着は出来てしまってから、慌てて消すのには時間がかかりますので、時間をかけてでも最初から色素沈着をさせない方向で、予防をしていくのが賢い肌の美白ケアにもなります。

 

 

シミを消すために重要なこと

色素沈着をしてしまった状態や、遺伝要素のあるソバカスであっても、じっくりと効果を発揮していき期待が持てますので、毎日のスキンケアに取り入れてみるのは、とても前向きなお手入れになります。
これからできるかも知れない、肌のトラブル予防には、こうした日頃からのホワイトニングの成分での、美白のスキンケアがとても大事になってきます。

実際に市販されている美白化粧品には、とても多くの種類に配合をされています。
化粧品メーカーなどにも安全性が認められている証拠でもありますし、白い素肌を目指す日本人女性には、肌にも合いやすいホワイトニングの美容成分でもあります。
ホワイトニングのためのスキンケアにも取りいれたい成分であり、色素沈着やソバカスなどの予防にも最適な成分で、副作用の心配のない成分でもあります。
この成分には合成と天然の物がありますので、この点は理解をしておくべきでしょう。
天然とは違い合成の場合は、ナチュラルな天然成分の改良バージョンで、皮膚へのホワイトニング効果を強くしています。
それだけ強力な漂白作用があるために、肌質の弱い人ですと肌が負けることもないとは言えません。
スキンケアにも使用をする安全性を重視して考えたときには、合成タイプよりもなるべく、最初から天然成分を選ぶようにしたほうが良いでしょう。
シミを予防して消すためにも日頃の紫外線対策をしながら、スキンケアアイテムにも、アルブチンを上手に取り入れてお手入れに生かしましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:アルブチン” への3件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。