シミに効く成分の特徴と働き:エラグ酸

シミに効く成分の特徴と働き「エラグ酸」

シミを消すエラグ酸とは?

エラグ酸は抗酸化作用のあるポリフェノールで、シミを消す働きが期待できる美白成分として、厚生労働省に認可されています。
この成分はベリー系の食べ物に多く含まれていて、イチゴやラズベリーなどがあり、特に含有量が多いのはブラックベリーです。
ザクロやクルミなどのナッツ類にも含まれているので、小腹がすいた時にブラックベリーやクルミを食べていると美白対策になります。

エラグ酸はポリフェノールだけあって活性酸素を除去する力が高く、アンチエイジング効果が期待できる成分です。
この成分を配合したザクロやベリー風味の美容ドリンクは味にクセもなく、とてもおいしくて苦にならずに続けられるので、毎日の美白対策におすすすめです。

 

シミを消すエラグ酸の働き

シミはメラニン色素が肌に定着してしまうことで発生しますが、エラグ酸にはメラニン色素を発生させている酵素のチロシナーゼを抑制する作用があります。
紫外線が細胞内に届くと、黒色の色素を生成するメラノサイトが活性化してきます。
メラノサイトはアミノ酸のチロシンを原料にして、チロシナーゼの働きでメラニン色素を生成します。
成分の働きでチロシナーゼが抑制されればメラニン色素の生成が少なくなるので、肌への色素沈着を抑えられるのです。

肌に色素が沈着してしまうもう一つの理由は、新陳代謝の衰えです。
肌細胞は日々生まれ変わりをしていて、古い細胞はどんどん肌の表面に押し出されていきます。
新陳代謝が活発になっていれば、皮膚は常に良い状態を保っているため、色素が細胞内に残ることはありません。
でも代謝が衰えてくると老廃物の排出がスムーズにいかなくなるので、役目を終えたはずの色素が細胞内に残ってしまいます。

チロシナーゼの抑制と新陳代謝の正常化は、美白には欠かせない対策です。
代謝を活性化させるには、必要以上に活性酸素を増やさないことが重要なポイントです。
紫外線対策で帽子をかぶり日傘をさすことも大切ですし、日焼け止めクリームでケアすることも欠かせません。
そして抗酸化作用がある成分が含まれている食品を食べたり、スキンケア製品を使用したりすることで、活性酸素を減らす直接的な手助けができます。
活性酸素はシミやシワ、たるみなど色々な老化現象を引き起こす原因になっているので、毎日の対策が肝心になります。
エラグ酸は2つの効果が同時に得られる成分なので、美白成分として注目されています。

 

 

シミを消すエラグ酸とハイドロキノン

同じようにチロシナーゼを抑える働きをする成分に、ハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンは表皮にできたシミを消すのに効果的な成分で、ビタミンCを上回る漂白パワーを持っています。
酸化を防止する還元作用がとても強いので、ゴムの防腐剤に使われたり、写真の現像液で使用されたりしています。

ハイドロキノンが配合されたクリームは、クリニックでも使用されているほど信頼度の高いもので、できてしまったシミを消すだけでなく、今後できる可能性のある色素沈着をブロックする働きもあるので、予防効果も優れています。
ただ塗った時の刺激が強いので、使い方を間違ってしまうと皮膚の赤みやかゆみなどのトラブルを招いてしまうことがあります。

エラグ酸はハイドロキノンほどの刺激を与えないので、お手入れの時に肌にかかる負担を減らすことができます。
この成分が配合されている化粧品もありますが、配合量の規制があり高濃度で配合できないため、その効果は緩やかになっています。
比較的新しい成分なので、配合されているスキンケア製品も少なめですが、成分を含んだエキスを使用して手作り化粧水を作るのもおすすめです。

 

シミを消すエラキ酸の取り入れ方

手作り化粧水はすべて自己責任になってしまうので、使う前に必ずパッチテストをして肌に合うか確認してから利用します。
漢方薬でも使用されているウワウルシは別名クマコケモモといって、英語ではベアベリーと呼ばれています。
美白成分ではこの他にアルブチンも含まれているので、手作り美白化粧水に適しています。

サプリメントでは、ザクロを原材料にした製品が多く見られます。
国産の物よりも輸入品の方が多く、錠剤タイプから水に溶かして飲むようなパウダータイプまで、種類も豊富に揃っています。

エラグ酸はどのようなシミに作用するのかというと、メラニン色素の沈着によるもの、摩擦で刺激を受けて発生したものがあり、肝斑の解消にも最適な成分です。
天然由来の成分になり、がん細胞抑制作用や糖尿病対策としての効果が期待されている成分なので、副作用の心配もありません。
ただ、成分の原材料は商品によってそれぞれ違うので、バラ科の植物に対してアレルギーを持っている方は、ブラックベリーやイチゴが原材料になっているものを使ってしまうとアレルギーが発生する場合があります。

美白効果にとても優れている成分ですが、カテキンの含まれているものと一緒に使用すると作用が抑えられてしまいます。
カテキンは緑茶やほうじ茶、コーヒー、カカオなどに含まれているので、サプリメントで成分を摂取する時はお茶などと一緒に飲まないようにしましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:エラグ酸” への6件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  5. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  6. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。