シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸

シミに効く成分「コウジ酸」

シミを消すコウジ酸とは

美白化粧品に含まれる成分には様々なものがあります。
その中の一つにコウジ酸があり、シミを消すのに有効であるとたくさんの人に利用されています。

コウジ酸の効果で注目したいのは、メラニンの生成を抑えるということです。
メラニンは肌の新陳代謝によって古い細胞と共に排出されるものですが、ホルモンバランスが崩れたり強い紫外線を浴びたりすると過剰に生成されてしまいますので排出されにくくなります。
年齢を重ねるとターンオーバーの周期自体が長くなってしまい、トラブルを含む肌細胞の留まる時間も長期化します。
ですから、シミのリスクも年々上がっていきます。
そこに紫外線やホルモンバランスといった問題が生じれば肌コンディションは容易く崩れてしまいますので、少しでも異変が現れたら早急にケアを始める必要があります。
コウジ酸はメラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニン生成を促進させる情報伝達物質の働きも抑えてくれます。
透き通るような白い素肌を実現するための作用を備えながら、同時に活性酸素の発生を抑えたり炎症を鎮めたりする作用もありますのでシミやしわ、たるみといった年齢肌を予防するのにも役立ちます。

最近ではくっきりとしたシミはなくてもくすみが気になるという人が増えています。
これはほとんどが糖化と呼ばれる現象であり、この糖化に対してもコウジ酸は有効です。
糖化は体内でタンパク質と糖が結びつくことで起こりますが、これは正常な状態でも起こる自然なことです。
ただし、この糖化の際にAGEsという褐色物質が生成されて、それが長年肌に蓄積されていくとくすみとなって現れます。
この成分の働きを借りると抗糖化作用によりAGEsの生成を抑えることができますのでくすみを予防することができます。

 

シミを消すコウジ酸を取り入れるには?

家庭用の美白化粧品に利用されることの多い成分ですが、実は皮膚科でも使われています。
皮膚科ではハイドロキノンが有名であり、強い作用で少し濃いシミも薄くすることができると評判です。
確かにハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど強い作用を持ちますが、肌の弱い人には刺激が強すぎて影響が大きくなってしまうという懸念もあります。
実際に使ってみてハイドロキノンの作用に肌が負けてしまい、使い続けることができないケースもありますので、誰もが使えるものではありません。
そのようなケースで次の候補にあがるのがコウジ酸であり、クリームとして処方されることが多いようです。

 

 

シミを消すコウジ酸の働き

肌につけた際の働きを詳しく見ていくと、メラニンを黒色化する酵素チロシナーゼの働きを抑制することができます。
紫外線を浴びたり摩擦によって刺激を受けたりすると肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが生成されるのですが、そのメラニンにチロシナーゼが作用することで黒色化されます。
つまり、このチロシナーゼの働きを抑えれば生成されたメラニンが黒色化されずに済むのです。
黒くなりやすい人はこの働きが過剰になっている可能性があり、メラニンが生成されやすいタイプでもあります。
また、代謝が遅れがちで古い細胞がいつまでも肌に留まる場合も、黒くなりやすいと言えます。

 

 

コウジ酸は化粧品にあり

取り入れたい時には、市販されている化粧品を使うのが一般的です。
最近では数多くの化粧品が出回っていますので、入手するのは難しくありません。
ただし、中にはこだわりを持っていて自分で作りたいと考える人もいます。
その場合は天然の成分であるということを理解し、取り扱いには十分に気をつけなければなりません。
主な特徴として、酸化しやすく成分の安定が難しいものであり、長期保管には向きません。
保存する際には腐食しないように気をつけながら、短期間で使いきらなければなりません。
自分で作ると全ての成分を把握することができますので安全性に優れているように感じますが、科学的な処理を施さないと成分を安定させることができずにしっかりとした効果が得られない可能性もあります。
また、肌の奥深くに浸透させるような処理も施されていませんので、浸透率の問題も出てくるかも知れません。

 

 

コウジ酸でシミを消す

コウジ酸はメラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑えることで紫外線からの影響を小さくすることができますし、色素沈着を抑えてシミやくすみのない透明感のある肌を手に入れることができます。
このように美白に非常に優れた効果を持つ成分でありながら、同時に肌のアンチエイジングに対しても効果を発揮するものですので、現在多くの人に利用されています。
しわやたるみ等の老化現象の一因になっているのが糖化であり、その糖化を予防する働きがありますので、アンチエイジング対策に利用すれば非常に効果的です。
安全性が高く、肌への刺激が少ないという点も非常に重要なポイントであり、似たような作用を持つハイドロキノンとはしばしば比較されます。
ハイドロキノンは強い作用で美白を行うことができますが、刺激によって肌を傷めてしまう恐れがあります。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:コウジ酸” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。