シミに効く成分の特徴と働き:ハイドロキノン

シミに効く成分ハイドロキノンの特徴と働き

シミの原因とハイドロキノン

肌に出来てしまったシミを消したいというのは、多くの女性の望みでもあります。
美白化粧品を使用したり、UVケアを万全にしていても出来てしまったものを消すための方法の一つに、ハイドロキノンを利用するというものがあります。

シミの原因となるのはメラニン色素です。
人間の肌の皮膚の奥深くにはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞が存在しています。
メラノサイトは肌に「紫外線が当たった」という情報が与えられると、紫外線に当たることで肌で発生する悪玉活性酸素によって起こるダメージを防ぐためにメラニンを生成します。
このメラニンによって他の肌細胞が紫外線によるダメージを受けないようにするためのバリアとも言えるものを生成しているのです。
メラニンは悪者だと思われがちですが、実は肌細胞のための防御機能の一種なのです。
ニキビ跡も紫外線によるダメージと同様に「肌に悪玉活性酸素が発生している」という状態を察知して肌を守るためにメラニンが生成されるため色素沈着してしまうと言われています。
通常、皮膚のターンオーバーと共にメラニンを含んだ細胞は肌の表皮から垢となって剥がれ落ちてしまうのですが、メラニンが大量に生成されて肌に蓄積されると、ターンオーバーだけでは排出が間に合わなくなってしまったり、何らかの原因でターンオーバーが遅くなることで色素沈着が残ってしまうのです。

 

ハイドロキノンのシミを消す効果

ハイドロキノンはもともとは写真の現像のために使われていたり、ゴムの酸化防止剤や染料として古くからあるものです。
写真の現像を行っていた人の肌が白くなったことからメラニンを排出して美白効果があることが分かったという経緯があり、肌の漂白剤と言われるほどの高い美白力を持っています。
皮膚科や美容皮膚科でも古くからシミの改善のためなどに処方されてきたという実績があります。
ハイドロキノンが美白のために人気がある理由としては、2つの効果が1つの薬で得ることができる点です。
1つ目の効果は、今出来ているメラニン色素の色を薄くすることができる事です。
還元作用と言われている効果で、今見えているものだけではなくこれから目に見えるようになるであろうものも色を薄くする効果が期待できます。
2つ目の効果はメラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制する効果です。
今あるメラニン色素を薄くすることができても、メラノサイトが活発に働いていると再びメラニンは生成されてしまいます。
メラノサイトの中でチロシナーゼという酵素が働いてメラニンが作られるのですが、チロシナーゼの働きを阻害することでメラノサイトの働きが弱まり、メラニンが生成されなくなります。
美白と言えばこれ、というほど美白効果があると認知されている成分にビタミンCがありますが、ビタミンCはメラニン色素の生成抑制効果は期待できますが、すでに出来てしまっているものを完全に取り除くことは出来ないと言われています。
メラニン色素を薄くする効果も、ビタミンCやアルブチン、コウジ酸などの美白成分の10倍~100倍もの効果があると言われています。
この「今あるものと、これからできるかもしれないもの」の両方に高い効果が期待できる薬のため、人気があるのです。

 

ハイドロキノンを正しく使用しよう

ハイドロキノンが配合されている化粧品は多く販売されていますが、一般的にドラッグストアなどで購入できるものは濃度が低く設定してあります。
1~2%程度の濃度のものが多いのですが、これは美白効果が高いため、濃度が濃いものをシミだけに利用していると逆にその部分だけが白くなってしまう白斑という上体になってしまう可能性があるためです。
すべての人が安全に利用できるため濃度が薄くなっているため、顔全体のトーンアップや、特に気になる箇所があるわけではないけれど白くなれたらいいな、という人に適しているものとなります。
此処を白くしたい、という箇所がある場合には、皮膚科や美容皮膚科で濃度の濃いものを処方してもらうようにしましょう。
この場合には3~4%ほどの濃度のものが処方されます。
濃度が濃いため肌の弱い人などは刺激を感じることがあったり、長期間の使用で肌が弱くなってしまうこともあるため注意が必要です。
光や酸素で酸化しやすいという性質があるため保管も冷暗所で行わなければならず、使用期限も1か月ほどという短さです。
期限が過ぎたものは望む効果が得られなくなってしまうので使用期限は守るようにしましょう。
また、メラニン色素は肌を紫外線のダメージから守るために生成されているものですが、ハイドロキノンを使うとメラニン色素が生成されなくなってしまいます。
そのため紫外線のダメージを受けて肌の老化が促進してしまう可能性があると言われているため、UVケアはしっかりと行わなければなりません。
スキンケアアイテムも紫外線吸収剤の配合されているものは新たな色素沈着を作ってしまう可能性があると言われているため、使用するアイテムも厳選する必要があります。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:ハイドロキノン” への5件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。