シミに効く成分の特徴と働き:リノール酸

シミに効く成分リノール酸

シミを消すリノール酸

シミに効く成分の中のひとつに、リノール酸があります。
リノール酸は紅花油、オリーブオイル、グレープシードオイル、コーン油、綿実油、大豆油などの食物油に含まれている成分のひとつで、人間が日々の生活をしていく上でとても大切な必須脂肪酸のひとつです。
体内では生成できない成分のため、適量を外部から摂取することが大切です。
シミにはたらきかけるリノール酸の役割は、チロシナーゼを分離させるはたらきがあります。
チロシナーゼは、メラニンの色素の元となっている成分です。
シミは、紫外線を皮膚があびることによって発生します。
紫外線を浴びた皮膚は、メラニンという物質を生成します。
お肌を外部刺激から守るために生成されるメラニンですが、お肌のターンオーバーが正常になされていないと色素沈着する性質があります。
本来、お肌はターンオーバーといってお肌の生まれ変わりを繰り返しています。
古くなった角質が落ち、新しい皮膚へと変わっていきます。
一般的に28日ほどでターンオーバーの周期が行われ、メラニン色素は体外に排出されます。
排出されたメラニン色素はお肌に残ることはありませんが、加齢やストレス、間違ったスキンケア方法をつづけていくなど、さまざまな要因で排出されなかった場合は色素が沈着してしまいます。
リノール酸を摂取することで色素が沈着するのを防ぎ、シミの予防、または消す効果が期待できます。

 

 

 

シミを消すリノール酸を取り入れるには?

リノール酸は、味噌などの大豆製品に含まれており、食事に大豆製品をとりいれることがポイントです。
酒粕にも含まれています。
ですが、食べ物から過剰に摂取した場合は、アトピー性の皮膚炎など、アレルギーが悪化したり、老化が促進してしまう可能性がありますので、気をつけましょう。
油をとりすぎると肥満の原因にもなりますので、注意することが大切です。

体内への摂取のみでは、メラニンが作られるお肌の表皮までは効果が届きにくいため、お肌に直接塗り込むことがシミに具体的にはたらきかける方法としておすすめです。
植物油を直接お肌に塗るのはやめましょう。真皮まで成分が浸透してしまうため、美白効果を得にくくなります。
そのため、専用の化粧品から取り入れることをおすすめします。
毎日使い続けることで色素沈着の予防の他、保湿効果や抗炎症作用が期待できます。
また、角質から水分が蒸発してしまうのを防いで、お肌をなめらかにととのえることができます。
そして、セラミドの構成成分でもあることから、お肌のバリア機能を高めることができます。
日中、外出をした際にはお肌は日々紫外線を浴びます。
毎日メラニンの元となるチロシナーゼがつくり出されるからです。
お肌のバリア機能を高めるためにも、美白化粧品をスキンケアにとりいれることをおすすめします。
リノール酸はお肌への浸透力が高すぎるため、お肌に定着させることが難しい成分といわれてきましたが、現在は美肌効果をお肌に定着させる化粧品も存在しています。
また、不飽和脂肪酸とよばれている物質で、酸化しやすい性質があるため、酸化を防ぐ成分が共に含まれた化粧品を選ぶことでより効果が期待できます。
化粧品では美白クリームや乳液、洗浄剤、ヘアコンディショニングなどに一般的に使われています。
臨床では、かんぱんの改善にも効果が認められており、すでにできてしまったメラニンの還元にもはたらきかける作用が期待できます。
美白ケア用品はお肌に合うものと合わないものがあるため、自分のお肌にあったものを選ぶことが大切です。
化粧品から美白成分をとりいれる場合には、トライアルセットなどでまずは試してみることをおすすめします。

 

正しい方法でシミを消す

また、シミの原因はできる場所や色などによってさまざまな種類があります。
自分のお肌の状態、色素が沈着している原因を知ることが大切なため、化粧品を使用する前に皮膚科などに行って医師に判断してもらうことをおすすめします。
スキンケアを丁寧に行っていても、食生活が偏っていたり、過度なダイエットをしたり、ホルモンバランスが乱れてしまうとお肌トラブルの元となります。
ストレスが溜まりやすい生活をしている方は活性酸素や老廃物が体内に蓄積し、お肌はもちろんのこと、身体にも悪影響を及ぼします。
適度にリラックスできる時間をもうけることが大切です。
また、睡眠不足もお肌のターンオーバーに悪影響をあたえてしまいますので、良質な睡眠をとることが大切です。
更に、日中外出する際には、メラニンを作らせないように日焼け止めを塗ることが大切です。
刺激が強いものが苦手という方は、SPFの数値が低いものをこまめに塗り直すことがポイントです。
また、運動や夏場などは汗などで流れおちてしまううため、こまめに塗り直すと良いでしょう。
紫外線のケアができる美白化粧品を使用するのもおすすめです。
色素沈着を防ぎ、すでにできてしまった色素沈着を消す効果をより実感することができます。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:リノール酸” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。