シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸

シミに効く成分・レチノイン酸の特徴と働き

シミを消すレチノイン酸

一度、できてしまったらなかなか消えないシミですが、有効成分があります。
いろいろな美白成分がある中でもとても効果が高いと思われるのがレチノイン酸です。
あまり耳慣れない成分かもしれませんが、塗り薬としても使われることがあるほど効果が高いと言われています。
悩んでいる女性にとっては見逃せない成分でしょう。

もともとレチノイン酸は、ニキビの治療薬として使われていた成分です
アメリカでは、シミを消す効果が非常に高いと言われるようになり、治療薬として承認されました。
レチノールは聞いたことがある人も多いでしょう。化粧品にも良く使われている成分です。
このレチノールのビタミンA誘導体のことを言います。
実は、ビタミンAはそのままではなかなか肌には浸透しない成分です。
だから、誘導体にして肌の奥まで浸透するようにしています。
有名なところでは、ビタミンC誘導体があります。
これとまったく同じように考えると良いでしょう。

 

レチノイン酸の効果

では、レチノールにはどんな効果があるのでしょうか。

ピーリング効果

美白効果が期待できると思われるかもしれませんが、美白効果というよりは、ピーリング効果のほうが期待できます。
古い角質を取り除かないと新しい肌細胞にうまく切り替わりません。
若いころの肌ならば、肌のターンオーバーが正常に働いていますので、古い角質が取れやすいのですが、年々、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
そうすると、いつまでも古い角質が肌に残ってしまいます。
すると、いろいろな肌トラブルが起こりやすくなります。だから、古い角質を取り除かないといけません。
そこで、ピーリングが必要です。
ピーリングすることで、古い角質を取り除くことができます。
そうすると、新しい肌細胞が活発に作られるようになります。
肌細胞を再生する能力に優れている成分なので、肌を若返らせる効果も期待できます。
肌のターンオーバーが乱れていると感じている人には、レチノールのピーリング効果がおすすめです。
年齢肌対策用の化粧品を中心に配合されていることがとても多いです。

紫外線を浴びてしまうと、肌の奥にメラニン色素が生成されます。
だから、本当は普段から紫外線対策をして置いたほうが良いです。
メラニン色素が生成されてもレチノールによって排出することができます。
メラニン色素がなくなっていくことで、シミを消すことができるというわけです。
根本的に治すことができるので、化粧品にも良く使われるようになりました。

 

コラーゲンの生成

しかも、コラーゲンの生成も促してくれます。
コラーゲンと言うと、サプリメントや化粧品などから摂取するイメージが強くありません。
もともと人の体の中にある成分です。
しかし、加齢とともに体内にあるコラーゲンの量は徐々に減ってしまいます。
そうすると、年齢肌を感じるようになります。
コラーゲンには保湿効果がありますから、肌が乾燥するようになります。
肌のハリやツヤも失われてしまいます。
だから、サプリメントや化粧品などから摂取する人が多いのですが、自分で生成することもできます。
生成するために必要なのがレチノールというわけです。
若々しい肌に戻ることができれば、肌のターンオーバーが常に正常な状態を保つことができるでしょう。

 

 

レチノイン酸はどのように手に入る?

化粧品などにも含まれていますが、皮膚科や美容クリニックなど医療機関でも処方してもらうことができます。
レチノイン酸自体はとても効果が高いのですが、短期的に使うというよりは、長期的に使用し続ける必要があります。
治療となっても、簡単には消えないと思ったほうが良いかもしれません。
使用する際は、医師の指示に従って正しく使いましょう。
一緒にハイドロキノンを処方されることもあります。

 

レチノイン酸の副作用は?

気になるのは副作用でしょう。
まったく副作用がないとは言いきれません。
副作用として考えられるのが、奇形性です。
あまり一般的な副作用というわけではありませんが、妊婦が使用した場合には、胎児の奇形性が考えられると言われています。
だから、妊娠中を避けて使ったほうがいいでしょう。
医師と良く相談した上で安全に使用しましょう。
そうすれば、副作用の恐れが少なくなるからです。

 

レチノイン酸は正しく使用しよう

医療機関で処方してもらったら、正しく使ってください。
クリームという形で処方されるでしょう。
適量をシミに塗ります。
毎日、指示された通りに使い続けていくと、徐々にシミが薄くなっていくはずです。
特に、ハイドロキノンと一緒に使うと効果を早く実感できるでしょう。
ハイドロキノンは美白効果が高いからです。

肌の若返り効果が期待できると言うこともあって、美容クリニックなどではよく処方されています。
化粧品に使われているレチノールよりも、医療機関で処方されるクリームなどのほうが濃度が濃いですし、効果も早く実感できるはずです。
本気でシミを消したいと思ったら、皮膚科や美容クリニックなどへ行ってみてください。
すると、処方されるかもしれません。
コツコツと地道に使い続けてきれいな肌を取り戻しましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:レチノイン酸” への6件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。