シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール

シミに効く成分「ルシノール」

シミはなぜできてしまうのか

シミの原因~紫外線~

肌に出てきてしまうシミの大半は、紫外線を浴びることによって人間の体内で細胞を守るために、メラノサイトと呼ばれるメラニン細胞を刺激することによりメラニン色素を作り出す物質が活性化します。
そこに皮膚細胞の中のDNAに何らかの変異が起きてしまうことでメラノサイトが活性化したままとなってしまい、その結果としてシミが発生するということになります。
通常健康状態に気を遣って規則正しい生活をしていれば、皮膚細胞の中のDNAに何らかの変異が起きてしまうということにはなりにくいです。
ただ、不規則な生活習慣を送っている場合にも発生しやすくなります。
ですので、肌トラブルを起こさないようにするには規則正しい生活を送って過ごすという意識を持っておくことは極めて大事なことといえます。

 

シミの原因~活性酸素~

活性酸素も肌トラブルを引き起こしやすい原因の一つです。
活性酸素は適量であれば免疫力を強化する働きがありますがその活性酸素が過剰に発生してしまうと、増えすぎてしまった活性酸素を取り除くためにメラノサイト刺激ホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。
活性酸素を発生させてしまう要素として知られている物質のひとつが紫外線に含まれるUVAという物質です。
UVAは皮膚の深部にあたる真皮と呼ばれる部分で免疫細胞を刺激してその部分に炎症を起こし、その結果として活性酸素の発生を促します。
ただ、その他にも活性酸素を発生させてしまう要素としては過度のストレス・喫煙・過度の飲酒・電磁波・食品添加物・便通が止まってしまうなどの色々な要素によって活性酸素を引き起こしてしまいます。

 

シミの原因~ニキビ跡や肝斑~

ニキビ跡や肝斑などの炎症も原因として挙げられます。
皮膚になんらかの炎症が発生すると、炎症によって生じてしまうダメージを治すするために、新しい細胞を作ろうとする働きが活発化することになります。
それ自体は良いことではあるのですが、治す過程でメラノサイトまで刺激してしまいその結果として色素沈着が起こります。
虫刺されや日焼けなども炎症によって色素沈着を引き起こす代表的な要素の一つです。

 

ルシノールでシミを消す

では実際に起きてしまったシミなどの肌トラブルを消すためにはどうすればよいのかというと、美白クリームを塗っておいたり、サプリメントで美白にしたりなどの対策があります。
このうちシミに効く成分の一つとして知られているのがルシノールと呼ばれる成分です。
この成分は、化粧品ブランドの大手企業として広く知られている株式会社ポーラが独自に開発した美白成分です。
メラニンの生成を抑える作用が強く、肌トラブルの解消に大きく貢献してくれます。
元々この成分はロシアのシベリア地方に自生するもみの木に含まれている成分です。
このもみの木の成分を改良して開発され誕生しました。

 

ルノシールの働き

この成分の持つ働きとしては、メラニンを黒色化させる原因となるチロシナーゼという物質の働きを抑えることにあります。
メラニンをつくる源になるチロシンという成分とチロシナーゼが結びつくことによってメラニンが黒色化してしまいます。
しかし、ルシノールが浸透することで体内でチロシンよりも先にチロシナーゼと素早く結合するという性質を持っています。
そのため、チロシナーゼがチロシンと合体しメラニンが黒くなることを防ぐ効果が確認されています。
その結果肌が美白へと近づきます。

他の成分としては、アルブチン・コウジ酸・ハイドロキノンなども同様の効果があることは確認されています。
ただ、まずアルブチンやコウジ酸と比較するとルシノールのほうが肌によく浸透するということが分かっているため、効果を実感しやすいことが優れた点といえます。

よく美白成分として比較されるのがルシノールと分子構造が似ており、同様の働きをするハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、現在最も肌を美白にするという作用が強いことが確認されている成分です。
チロシナーゼの働きを抑え、肌トラブルを防いでくれる効果には優れていますが、ルシノールよりも漂白作用が高いという性質を持っています。
そのため、副作用が起きてしまいやすいというデメリットがあります。
ハイドロキノンを使用した後の刺激が強いため、敏感肌の人は赤みが出て気にしてしまうこともあります。
ルシノールはハイドロキノンよりは効果については少し弱めです。
できてしまったシミを完全に除去するには少し向かない場合もあります。
その代わり、天然由来の成分のみを使用しているため安全で副作用が少なめという点が魅力といえます。

 

ルノシールのデメリットは?

ただ、デメリットもあります。
この成分は高価な成分となっています。
そのため、化粧品への配合濃度はどうしても少なめとなっています。
価格もやや高めですので購入についてはその点を留意しておきます。

できてしまったシミを薄くして目立たなくしたり確実に除去するためには、継続して肌の手入れを行う必要があるのは他の成分でも変わりありません。
自分の肌の状態に合ったケアを行うようにすると良いでしょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミに効く成分の特徴と働き:ルシノール” への5件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。