シミに有効な漢方とは:漢方処方でシミを予防!

漢方処方でシミを予防

紫外線予防や症状の改善をしたい場合には?

紫外線が気になる季節になると、とくに注意したいのはシミですが、予防や改善をするために多くの女性は、さまざまな努力をしているのではにでしょうか。
日焼け止めを塗ったり、帽子を被る、手袋やストール、日傘などで紫外線対策を行うことはとても重要ですが、もっと万全に紫外線予防や症状の改善をしたい場合には、漢方が有効です。

シミになってしまうおもな原因とは?

シミになってしまうおもな原因とは、やはり紫外線と炎症によって起こる色素沈着です。
皮膚は、表面から内側に向かって表皮と真皮の二層になっており、それらの1番下の部分が皮下組織になります。
表皮の一番下である真皮側には基底層と呼ばれる細胞の層があり、この部分にメラノサイトという細胞があります。
紫外線を浴びたり、紫外線を浴びた後に炎症が起こったりすると、その度にメラノサイトが活性化し、メラニンと呼ばれる褐色の色素を作り出します。
メラニンは、通常は紫外線を吸収することによって、皮膚を紫外線から守る役目をしていますが、メラニンが過剰に増えたり、お肌の代謝が低下し始めると、徐々に表皮に溜まり始め、次第にシミへと変わっています。

シミには大変多くの種類があります。

実は、シミには大変多くの種類があり、それらの原因や症状などによっても、治療法が変わってきます。
おもな原因としては、遺伝性のものなどもありますが、ほとんどの場合は 紫外線や炎症で起こる場合が多いと言われています。

しかし、それ以外にも、日常の間違ったスキンケアや、体内のホルモンバランスの乱れやストレスなどによっても発生する場合があります。
肝斑(かんぱん)などの場合は、レーザー治療を行うことによってかえってシミが濃くなる場合がありますので、必ず専門家にきちんと診断してもらったうえで、治療を行わなければなりません。
レーザー治療が非常に有効なものもありますが、やはり身体の内側から根本的に治していくことができる漢方薬による治療は、皮膚の代謝を上げ、皮膚を内側から健康にしていくことができます。

通常、人間の皮膚は、4週間おきに新陳代謝を繰り返すことによって、新しい皮膚ができます。
加齢や過剰な日焼け、間違ったスキンケアなどが原因で、これらの新陳代謝の機能が低下してしまうと、いつまでもメラニンは皮膚に残ったままになります。

機能低下を内側からサポートしてくれるのが、漢方薬

こうした機能低下を内側からサポートしてくれるのが、漢方薬です。
漢方には「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」と呼ばれる重要な要素が3つあり、これらのバランスが崩れることで、体に不調が現れると考えられています。

なかでも、お肌のトラブルを防ぐためには「血」が重要になってきます。
「血」が、上手に循環しなくなった状態を「お血」と言い、血が滞って血液やホルモンのバランスが崩れてしまうと、血流が悪くなるため、肩こりや月経不順、下腹部の不調などを引き起こしてしまいます。
お肌の場合は、代謝が悪くなってしまうために、シミやソバカス、くすみ、クマ、湿疹、ニキビなどがあらわれやすくなってしまいます。

漢方薬と長いお付き合い

これら「お血」を改善するためによく処方される漢方薬は、比較的体力があって色ツヤの良い体質で、冷え症や皮膚の乾燥、胃腸障害がない人の月経不順や月経異常、更年期障害、血の道症、冷え症、しもやけ、しみ、貧血、産後あるいは流産後の疲労回復などにお用いられる「四物湯(しもつとう)」や、比較的体力があるものの、時おり下腹部痛や肩こりがあり、頭重、めまい、のぼせて足の冷えなどを訴える人のニキビや手足の湿疹、皮膚炎、月経不順、血の道症などの緩和に用いられることが多い「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けししぶくりょうがんかよくいにん)」、比較的体力があり、のぼせ、下腹部痛、めまい、頭重等の症状を伴う月経不順や月経異常、更年期障害になどに用いられる「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、比較的疲れやすく経血量が少なめの方で、貧血や肌のくすみがあり、むくみやすい人の冷え性や貧血、腹痛、めまい、倦怠感、生理不順や生理痛、不妊症、切迫流産、おりもの、四肢の痺れ、下痢、頭痛、肩こり、低血圧、肌のくすみなどの症状緩和に用いられることが多い「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」、疲れやすく、イライラするなどの不定愁訴があり気分の変動が多く几帳面な人の生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛や肩こり、冷え、のぼせ、便秘、自律神経失調症、不妊症や子宮筋腫などに用いられる「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、貧血気味で身体が冷えやすく、胃腸の弱い方の月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛みの緩和に用いられ、身体を温めて胃腸の調子を整える作用がある「当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)」、身体に必要な潤い不足による手足のほてりや乾燥、生理の時にレバーの塊の血が出るタイプで、生理痛や生理不順、経血過多、不正出血、足腰の冷えなどがある場合に処方されることが多い「温経湯(うんけいとう)」などがあります。
これらの漢方薬とともに、日常的にストレスを溜めないために適度な運動を取り入れるなどの工夫を併用しながら、長い目で治療をしてみてはいかがでしょうか。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要