シミのレーザー治療のしくみとレーザー照射出来ない人

シミのレーザー治療のしくみとレーザー照射出来ない人

レーザー治療のしくみ

一般的な光は光を発射している場所から遠くに離れていくにしたがって拡散していき、熱エネルギーの威力が弱まるようになっています。
ところが、レーザー光線は発射している場所から遠くに離れていったとしても、ほとんど拡散することがなく、熱エネルギーをいつまでもキープするという性質を持っています。

このレーザー光線をレンズなどを利用して特定の地点に集中させると、非常に高い熱エネルギーを持った光線になります。
このレンズなどを使って集中させたレーザー光線を、お肌などに照射することによって、光線の持つ熱エネルギーによって特定の色のお肌の部分だけを焼き切ることが可能となります。

 

とはいっても、ただ単純に特定の色のお肌の部分を焼き切ることだけで、シミを丸ごと除去できるという訳ではありません。
レーザー光線は一般的な肌の色の部分は熱エネルギーを吸収することなく通過していき、異常発生した色素の細胞の集まりにだけに熱エネルギーが吸収されていきます。
異常発生した色素の細胞の集まりがシミのことになります。
異常発生した色素の細胞の集まりからは熱エネルギーが吸収されるので高熱が生じて、異常発生した色素の細胞の集まりが焼かれることで細かく砕け散り、かさぶたのようになります。
そのかさぶたのような部分が自然に剥がれて異常発生した色素の細胞の集まりが除去されることによって、シミのない綺麗なお肌が復活することになります。
これらのプロセスが、シミのレーザー治療のしくみになります。

 

シミの種類でレーザー治療が有効かどうかは違う!

一口にシミとはいっても、色々な種類があります。
例えば、代表的な紫外線によりメラニン色素が発生する老人性色素斑や女性ホルモンのバランスの乱れにより発生する肝斑だけでなく、炎症が治まった後に残ってしまう炎症性色素沈着や茶色いアザである扁平母斑顔の片側に出来てしまう青あざのような太田母斑傷の中に汚れが閉じ込められることでできる外傷性色素沈着など、非常に種類がたくさんあります。
そのために、皮膚の症状に詳しくない一般の人が自分のシミがどの症状に該当するかを判断することは非常に困難です。

皮膚科クリニックなどの医療機関では、カウンセリングで患者さんの症状を詳しく伺った後に、診察をおこない、お医者さんがレーザー治療で除去できるかどうかを判定して、レーザー治療が有効である場合は治療を開始します。
診察の結果、レーザー治療だけでは足りなかったり、有効でない場合は、内服薬を処方して、服用する治療などを組み合わせるなどして治療の効果を高めていきます。

 

レーザー治療を受けることができない人とは?

レーザー治療は安全な方法で行われますが、人によっては、お肌にレーザーを照射する治療を受けることができない人も存在します。
例えば、お肌が日焼けをしている場合はレーザーを照射する治療をうけることができません。
もし、無理に照射をしてしまうと、火傷を負ってしまう危険性があります。

そして美容整形手術を受けて、人工的な物質を埋め込んでいる人も治療を受けることが出来ません
イボやあざがある人も診察の結果、治療を受けられない場合もあります。
火傷を負うような危険性を避ける上でも、治療を受ける前に行われるカウンセリングの段階で、お肌をよくチェックしてもらう必要があります。
光過敏症の症状が現れる場合も治療を受けることが出来ませんが、光過敏症の人でも治療で症状が現れない人もいるため、カウンセリングで相談の上、お医者さんの診断の結果で判断することになります。

ほとんどの場合が、紫外線の浴びすぎや、歳を重ねることによってお肌の新陳代謝が衰えることによりメラニン色素が過剰に分泌される老人性色素斑の症状であると診断されるのですが、老人性色素斑はレーザー治療が非常に有効で、老人性色素斑の症状が現れている部分にだけ、集中的に熱エネルギーを与えて、他の老人性色素斑の症状が現れていない普通のお肌の部分には、あまり負担がかからないで治療をすることが出来ます。

 

レーザー治療のマメ知識

かつては、非常に費用がかかる治療方法であったのですが、近頃はまだ健康保険が適用されない自由診療であることには変わりありませんが、施術に使う機器なども改良が施され、治療にかかる費用も非常に安くなってきています。

また、治療を受けるのと併行して、お肌の色を変色させるメラニン色素が分泌されるのを強力に防止するハイドロキノンクリームを老人性色素斑の症状が現れている部分に塗布したり、お肌の新陳代謝の機能を高めてメラニン色素をお肌から排出させる効果があるレチノイン酸クリームを老人性色素斑の症状が現れている部分に塗布したりする処置を自分の家でのお肌のお手入れとして行うことによって、治療の効果を高められる上に、老人性色素斑の症状が再び現れてしまうのを防ぐ上でも重要になります。

症状が老人性色素斑ではなく、肝斑であった場合も治療が有効なのですが、波長が異なる別の種類の光線を使う必要があるので、カウンセリングや診察できちんと見分ける必要があります。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミのレーザー治療のしくみとレーザー照射出来ない人” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。