シミの種類:肝斑の特徴と原因

肝斑の特徴と原因

 

紫外線や摩擦など外的要因によるシミ

女性の大敵である顔面のシミ。
年齢が上がるにつれて、数が増えたり色が濃くなることは、自然現象として仕方がないかもしれません。
みなさんもご存じの通り、顔の黒ずみやシミの原因は、紫外線や摩擦など、何らかの外的な要因により、肌が刺激を受け、肌が本来持つ防衛機能により、メラニンが発生することです。
メラニンが蓄積していくと、肌がくすんでいきますが、ターンオーバーがきちんとできている若い肌の場合は、それほど悩むことは少ないでしょう。
問題なのは、ある程度の年齢になると、身体の新陳代謝や血流が悪くなり、ターンオーバーがうまく機能しないということです。
そうなると、古い角質がたまり、顔に透明感がなくなるだけでなく、大きく濃いシミができる原因になるのです。
皆さんが美白化粧品やビタミンC誘導体などで一生懸命防ごうとしているのは、主に、紫外線や摩擦といった外的要因によるシミですね。

 

肝斑は内的要因によるシミ

一方で、内的要因からくるシミや黒ずみがあることをご存じでしょうか。
肝斑という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
肝斑は、紫外線が原因のそれとは形も色も若干異なります。
前者が小さくて丸い点のようなもの、或いは色が若干濃いもの、顔や背中、腕など、日光や摩擦を受けるあらゆる部位に発生するのに対して、肝斑は、顔の頬骨のあたり、目の下を中心に広がります。
特徴としては、色は薄い茶褐色で、形がはっきりせず、もやもやとしたものが広範囲にわたって広がります。
加え、鼻筋を中心に、顔の左右対称に発生することが多いようです。
実際、頬骨のラインは、洗顔時やクリームを塗るときに、手の力が最もかかりやすく、摩擦の影響を受けやすい部位です。
そのため、症状がどちらに起因しているのかなかなか区別がつかないこともあるようです。

 

肝斑の原因は?

しかし、内的要因からの黒ずみは、美白化粧品やビタミンでは改善することがありません。
この厄介な症状を消す方法については、近年様々な研究がなされてきました。
例えば、肝斑の原因としては、ホルモンバランスの乱れにあると言われています。
実際に、30代~40代の女性に多くみられ、ピルの使用や妊娠によるホルモンバランスの変化なども影響しているのではないかと言われています。
50代になり、閉経とともに薄くなる場合もあり、そして高齢者は殆ど発症することがありません。
女性ホルモンの中の、黄体ホルモンという物質が過剰になることで、メラニン色素が活発化され、黒化に繋がっていることが分かっています。
肝斑は内的な要因なので、全く防ぎようがないというわけではありません。
確かに、通常のシミやそばかすに比べ、外からのアプローチができない分、専門家や医師の診断やアドバイスが必要とする点では面倒だと感じる人もいるでしょう。
しかし、そのまま放置しておくと、広範囲に黒ずみが広がってしまうだけでなく、人に会う自信さえも無くしてしまう恐れがあります。

 

 

肝斑を消す方法

一般的に、治療には、内服薬が効果的だと言われています。
メラニンを増やす働きを活性化する「プラスミン」という酵素の働きを抑えて、色素沈着抑制効果があると言われる「トラネキサム酸」入りの内服薬を摂取することが第一歩です。
トラネキサム酸入りの薬やサプリメントは皮膚科で処方してもらえる他、薬局でも成分入りの市販薬を手に入れることができます。
効果がではじめるのは、個人差があり、最低でも1か月以上は続ける必要があります。
また、薬を飲むことに抵抗がある方は、漢方薬とレーザー治療をおすすめします。
レーザー治療は、通常のしみには効果を十分に発揮する上、美容整形の中でも比較的手軽に、失敗が少なく行えるものです。
しかし、実は肝斑にはあまり向いているとは言えません。
この際、実績や信頼のあるクリニックできちんとカウンセリングしてもらうことが大前提となります。
また、一旦除去できたとしても、自分の身体のケアをしっかり行わないと、再び症状が現れる可能性があります。

 

肝班を消す最善の方法!

最も良い方法は、生活習慣を改善することでしょう。
昔ながらの漢方薬やハーブなどの力を取り入れながら、無理なく体質改善を行っていくことです。
例えば、新陳代謝や内臓の働きを良くする食べ物や漢方を用いたり、身体を温め、ホルモンバランスや血流を促し、内的な原因を和らげていくという方法です。
ホルモンバランスに効くといわれるイソフラボン入りの食品を多めにとるなど、身近でできることは沢山あります。
生活の基礎が整った上で、トラネキサム酸入りのサプリメントや市販薬を使用すると更に効果的だと言えるでしょう。
睡眠をたっぷりとり、ストレスを溜めないような生活を心がけることが、何よりも大切になります。
薄い褐色であれば、コンシーラーなどでも隠すことができます。
また、質の良いスキンケア製品も多数登場しています。
気にしすぎることで、ストレスになり、ますます症状が悪化することもありますので、まずは、心と身体のバランスを維持することを心がけていきましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミの種類:肝斑の特徴と原因” への5件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。