シミの1種肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)はシミの一種

両頬に左右対称のシミ

シミといっても出来る原因は種類は様々です。
30代から40代の女性に出来やすいシミとしては、肝斑(かんぱん)が有名です。
肝斑は両頬に左右対称のシミが出来るのが特徴と言われています。
色素沈着している部分の境目が薄く、もやもやとした大きなシミが左右対称に出来ている場合、肝斑かもしれません。

原因はいまだ不明だが

肝斑が起こる原因はいまだはっきりとは判明していませんが、30代から40代の女性に出来やすいという事もあり、女性ホルモンが関係しているのではと考えられています。
また、肝斑は刺激を与えるとより色素が濃くなる傾向にもあるようです。

スキンケアで消す事が難しい肝斑に悩んでいるなら、美容皮膚科や美容外科といった美容系クリニックに1度相談してみましょう。
美容系クリニックでは肝斑の治療も行っています。
また、シミの治療を得意とするクリニックであれば、肝斑かどうかも確認してくれるので適切な治療によって、シミを改善出来るという安心感を得られます。

肝斑の治療法

肝斑の治療法は内服薬・外用薬・レーザーの3つがメジャーです。
内服薬ではトラネキサム酸やビタミンC、Lーシステインといった成分を含んだ飲み薬が処方されます。

これらは炎症を鎮める作用や、メラニン色素の生成を抑制するといった作用があり、肝斑を薄くする効果が期待出来る薬です。
外用薬ではハイドロキノンや、トレチノインといったクリーム状の塗り薬を用いるのが一般的です。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど、美白効果に優れた成分として知られています。
トレチノインは肌の新陳代謝を活性化し、メラニン色素の排出を促します。

以前、レーザー治療を肝斑に行うと逆にシミが濃くなると言われていました。
レーザーの刺激によってさらに炎症が進み、メラニン色素が作られてしまうためです。
ですが最近は肝斑にも対応したレーザーが開発され、レーザー治療も行えるようになっています。
治療の選択肢が増えた事によって、肝斑をクリニックで消す方も増えているようです。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要