知っていますか?シミの本当のこと:シミへの有効成分

知っていますか?シミの有効成分

シミの有効成分

シミとひと言でいっても、種類はさまざまなものがあり、その原因に合わせて対処していかなければ悪化してしまう可能性もあります。

美白化粧品や美白化粧水のランキングで評判のものを購入して使ってみても、効果がなかったという人もいますが、その商品に対応している症状とは異なっていたということも考えられます。

 

せっかく対策を立てたのに、ポイントを外して効果がなかったということもあるためきちんと自分の悩みはどの種類のものなのかをきちんと知ってから対策していくことや美白化粧品を利用する場合にも、厚生労働省が認可している美白成分をきちんと知り、美白化粧品をきちんと調べて自分に合った物を選んでいくことが大切です。

 

シミの種類に合わせた有効成分

シミの種類としては、

皮膚の炎症や傷が色素沈着を起こした物は炎症性色素沈着といい、紫外線のダメージが蓄積して加齢によって出てくる老人性色素斑女性ホルモンが関係しており妊娠中やピルの服用中に出てくることのある肝班遺伝子的な物で加齢することで増えたり、紫外線の影響で濃くなることのあるソバカス生まれてまもなく出現したり20歳を過ぎてからできることのある遅発性両側性太田母斑イボ状に盛り上がった物で、シミの角化が進んで隆起した脂漏性角化症などがあげられます。

改善したり治療するためには、それぞれの原因にあった対策をしていくことが大切です。

症状によって有効成分は異なってきます。

 

炎症性色素沈着の有効成分

炎症性色素沈着を改善するためには肌のターンオーバーを促すことが有効な対策となります。
ピーリングによって古い角質を取り除いてターンオーバーを促すことが有効ほか、肌への浸透性を高めてあり、皮膚の内側に浸透してからビタミンCに変化するという特徴のもつビタミンC誘導体などが効果的です。

ビタミンC誘導体は、肌のターンオーバーを促進させるほか、できてしまったメラニン色素を還元して色素沈着を防いぐなど予防する効果も期待することができます。

 

老人性色素斑の有効成分

老人性色素斑には、初期の薄いシミには美白成分であるトラネキサム酸やメラニン色素を作ってしまう酵素であるチロシナーゼの働きを阻害したりするアルブチンやエラグ酸などの成分が効果があります。

クリニックで治療する場合には、メラニン色素の生成を抑制することのできるハイドロキノンやターンオーバーを促す効果のあるレチノイン酸が有効です。

濃くなっているものには、レーザー治療によって治療していくことをおすすめします。

 

肝斑の有効成分

女性ホルモンが原因である肝斑には、メラニン色素の生成を阻害するトラネキサム酸が有効だとされています。
メラニン色素を抑制する効果のある成分が有効だとされており、メラニン色素の生成を阻害する成分を含んだ美白化粧品を選ぶことが良いとされています。

外部からの刺激によって悪化してしまう症状のため、ケアするときには擦らないようにすることが大切です。

 

そばかすの有効成分

ソバカスはメラニン色素を抑制することによって薄くすることはできます。
そのためトラネキサム酸などが有効成分といえますが、遺伝的な要因によってできるものですので、美白化粧品だけでの対策は難しい場合もあります。

レーザー治療やピーリングによってとることができますが、再発しやすい体質のため治療後は紫外線対策でなるべく肌にダメージを与えないようにしていくことが重要です。

 

脂漏性角化症の有効成分

脂漏性角化症を改善するためには、美白化粧品に効果はないとされています。
炭酸ガスレーザーを使って焼き切る切除法や液体窒素を患部につけてカサブタにして除去していくなどの治療方法があります。
しかし、これらの方法は炎症性色素沈着になってしまうこともあります。

 

 

シミに効く厚生労働省に認可された有効成分

シミに効く厚生労働省に認可された有効成分はさまざまなものがあります。

チロシナーゼの量を減らす作用のあるリノール酸や活性化を押さえることのできるコウジ酸、動物の胎盤から抽出された成分でアミノ酸やビタミンなどを含んでおり、代謝の促進などの作用を持つプラセンタエキス、抗酸化作用の高いブラックベリーやストロベリーなどに含まれているエラグ酸などさまざまなものがあります。

 

シミについてまとめ

しかし、美白成分は作用が高い分だけ肌に負担がかかってしまうということでもあります。
肌がデリケートな人はトラブルを起こしてしまうこともあるため、使う場合には必ずパッチテストを行なってから使用することがおすすめです。

また、改善するためには外側からのケアだけではなく内側からのケアも重要となります。
規則正しい生活と質の良い睡眠を心がけることによって自律神経を整えてホルモンバランスを整えるようにし、眠ることによって肌の新陳代謝を促すようにしていきます。

食事も外食やファストフードなどは栄養バランスが乱れがちになるため、肌に効果的なビタミンCやビタミンB2、肌を作ることのできる良質なタンパク質などを意識しながら栄養バランス良くとっていくことが大切です。

ほかにもクレンジングや洗顔方法を見直してみることなども改善に繋がります

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“知っていますか?シミの本当のこと:シミへの有効成分” への5件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。