ブルーベリーに含まれるアントシアニンの力:シミ解消

ブルーベリーに含まれるアントシアニンのシミ解消

シミ解消に役立つアントシアニン

ジャムやケーキの材料として美味しく食べることができるブルーベリーは、日本の食卓でも割とよく見かけられる食材です。
濃い紫色をしており、ほんのりと酸味がきいた味が、多くの人を魅了しています。
この食材には目によいとされる成分が含まれており、昔からとても注目されていますが、実はシミ解消にも有効な力を秘めていることがわかっています。

シミ解消を促してくれるのが、アントシアニンという成分です。
あまり聞き慣れない成分ですが、赤ワインやチョコレートなどに含まれることでよく知られる、ポリフェノールの一種に分類されています。
ポリフェノールは、ブルーベリーが光合成で育つときに生成される物質です。
葉や花などで作られ、それが実に凝縮されるという繋がりです。
アントシアニンそのものであるポリフェノールには、強い抗酸化作用と殺菌作用があります。
抗酸化作用はシミの改善にとても役立つ働きを持っています。

激しい運動を繰り返したり、紫外線を浴び続けると、体内に活性酸素がたくさん分泌されるようになります。
この活性酸素の過剰分泌を抑える力が、ポリフェノールにはあります。
活性酸素自体は人の健康を守ってくれる、なくてはならない存在です。
外部から侵入した有害物質を攻撃してくれるからです。
しかし、量があまりにも増えすぎてしまうと、今度は健康な細胞まで攻撃してしまうようになります。
これがきっかけで、なかなか改善されないシミが作り出される悪循環が生まれます。

肌も細胞から作られていますので、この部分に活性酸素がたくさん発生してしまえば、紫外線などの外部刺激に弱い肌状態に陥ってしまい、紫外線のダメージを強く受けてしまいます。
そうなると、シミを作り出すメラニンが過剰分泌され、いつまでも肌の奥に居座ってしまうようになります。

この悪循環を解消するのに力になってくれるのが、ポリフェノールです。
肌細胞をよい状態に保ち、紫外線ダメージに強い肌を作ってくれます
ブルーベリーを口から摂取することで、肌だけでなく、全身の細胞の健康が保たれるようになりますので、新陳代謝が促され、体内に蓄積されがちな老廃物をスムーズに排除することにも役立ってくれます。

 

アントシアニンの殺菌作用

抗酸化作用に加えて、殺菌作用にも注目したいところです。
肌のシミは黒ずみばかりでなく、赤くなったニキビ跡もシミの一種として含まれます。
ニキビの症状が落ち着いても、その部分の炎症が赤く残ってしまう状態ですが、ニキビには殺菌作用を用いることで、肌の回復を早める働きが期待できます。

ニキビの原因菌を殺菌作用で鎮めれば、症状の悪化を防ぐことが可能です。
治りが早いほど炎症のシミが残りにくくなりますので、ニキビがよく出る体質の人は、積極的にブルーベリーを摂取したいところです。
こうすることで、ニキビのできにくい、できたとしてもすぐに綺麗に治る、すこやかな肌を維持することができます。

 

アントシアニンの血行促進作用

ポリフェノールであるアントシアニンには、活性酸素を除去したり、殺菌してくれる働きが備わっていますが、この他にもシミ対策に有効な働きを持っていることがわかっています。

ポリフェノールには血液をさらさらにする効果があると有名ですが、この血流改善の働きが、美白肌を作り出すきっかけを与えてくれます。
血流が滞りやすい末梢血管の血液の流れを改善してくれます。
血行が促されると、シミやくすみなどが改善され、透明感のある若々しい肌を手に入れることができます。
目を酷使することで血行不良を引き起こした状態である、目の下のくまを解消するにもおすすめです。

この血行不良に関しては、女性が特に注目したい部分です。
女性は体質的に、漢方医学でいうところのお血という症状を発症しやすい特徴があります。
お血とは血液がドロドロになった状態を指します。
血流が滞り、シミやくすみの他、肩こりや腰痛、月経痛を引き起こしたり、月経前のイライラを助長させる厄介な存在です。
この症状を解消するためにも、ポリフェノールの血流改善効果に期待したいところです。

 

アントシアニンを効率よく体内に取り込む方法

このように、シミ解消と同時に、疲れ目や、それに伴う視力低下を改善したり予防できるのが、ポリフェノールの優れた特徴です。
アントシアニンを効率よく体内に取り込むには、ブルーベリーの食べ方を工夫してみましょう。
生で食べるなら60g~300gを目安にします。
ドライフルーツであれば、12g~25g程度で十分です。
ジャムとして摂取するなら、40g~90gくらいを摂取します。

生やドライフルーツであれば、そのまま食べてしまっても構いません。
お菓子の材料として使うと飽きずに美味しく食べられます。
ジャムであれば、パンに塗れますので、毎日のように簡単に摂取できます。

しかし、これらの食べ方では、カロリーが気になるところです。
カロリーが気になるなら、低カロリーなブルーベリーのサプリメントを利用するのもよいでしょう。
サプリメントであれば、いつでも好きなときに水さえあれば摂取できます。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“ブルーベリーに含まれるアントシアニンの力:シミ解消” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。