シミの種類:日光性色素斑の特徴と原因

日光性色素斑の特徴と原因

 

日光性色素斑の特徴ってなに?

日光性色素斑は、日光を浴びることによって、紫外線の影響でできるシミのことです。
本来、肌は紫外線を浴びたとしても、28日程度でどんどん新しい皮膚が作られていくので、若いころには、日光を浴びたからといって、すぐシミになるようなケースは少ないといえます。
でも、長い間、紫外線を浴び続けたり、老化にともなって、代謝がわるくなり、肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなると、シミという目に見えるかたちであらわれてくるのです。ですから、日光性色素斑ができる原因は、主に紫外線と老化が挙げられるでしょう。
日光性色素斑の特徴としては、シミができる原因にはいろいろありますが、なかでも一番多いとされるのが、このタイプです。
日光によくあたる機会の多い、顔や腕、手の甲の部分にできることが多いといえます。
個人差がありますが、大きさは数ミリのものから、2センチほどになる場合もあるようです。
はじめのうちは、薄い茶色をしていますが、紫外線を浴びたり、老化によって、しだいに濃い茶色になっていくのが一般的といえます。

 

日光性色素斑の原因、紫外線

正常な肌は、毎日、垢となって古い角質層が剥がれ落ち、新しい皮膚にかわってくるものです。ところが、その働きを阻害してしまうのが、紫外線といえます。
紫外線には波長の異なる3種類があるといわれています。一般的によく知られているのが、紫外線B波です。
これは、夏休みに子供がプールへ行って真っ黒に日焼けしたときなど、見た目にもすぐわかるような肌色の変化をもたらす紫外線です。
人によっても異なりますが、すぐに黒くなる人や、赤くなって、黒くはならない人などいます。特に、赤くなるだけで、黒くなりにくい人の場合では、それほど深刻に考えないかもしれません。そして、かつては、真っ黒に日焼けした肌色は健康的としてみられていた時代もありました。

しかし、近年では、紫外線を過度に浴びることには注意が必要とのことで、テレビの天気予報でも、紫外線に関する注意情報を提供するほどです。なぜなら、紫外線には、B波の他にも、A波というものがあって、これは、日焼けして肌が黒くなるようなものではなく、肌の奥深くの真皮層にまで届いてしまう性質をもっていることが分かってきたからです。

これまで、夏に日焼けして、真っ黒になってしまったとしても、冬になるまで真っ黒でいるということはないため、夏が終わるとともに、日焼けについても自然と忘れてしまう人が多かったものですが、紫外線の害というのは、一時的なものではないということが明らかになってきてからは、一年を通して、紫外線に対して気を遣う人も増えてきました。

特に、子供には強烈な日差しは熱中症の原因になるだけでなく、大量の紫外線を浴びることにもなってしまうので注意が必要です。
そのときには特にシミなどができなくても、成長するにつれてシミができやすくなったり、皮膚がんの恐れも出てきますので、適度な対策が不可欠といえます。

 

日光性色素斑を消す方法

日光性色素斑は、一度できてしまうと、自然に消滅するのはむつかしいといえます。なぜなら、紫外線を全く浴びずに生活をするということはむつかしいからです。
紫外線は、日光だけでなく、蛍光灯からもでています。もちろん、蛍光灯で日焼けするということはないにしても、日常生活から紫外線をすべて排除するというのは不可能に近いといえます。
ですから、それ以上、悪化させないためには、外出の際には極力日光を避けたり、日焼け止めクリームを塗ることや、帽子をかぶったり、日傘を利用することが大切といえます。
日光性色素斑を消すためには、美白効果の高い化粧品を使うことも一定の効果があるかもしれませんが、個人差や状態によって効果は異なってくるでしょう。
そのような場合には、レーザー治療などの外科的な方法で消去するという方法もあります。
ただし、この場合には、費用も高額になるケースもあるので、事前にしっかりと確認することが大切といえます。
また、一度除去に成功したからといって、二度とできないというわけではありません。
体質にもよりますが、紫外線を浴びてしまえば、また目立つようになってくる可能性もあるので、毎日のスキンケアだけでなく、紫外線を浴びないような工夫をすることが大切です。

 

また、気を付けなくてはならないのが、お肌の適応能力です。
最近では、日焼け止めクリームだけでなく、化粧水や美容液などにも紫外線を防ぐ働きのある成分が含まれている商品が多いので、そのような製品を一年中使っている人が、急に日差しの強い春以降に屋外で紫外線を浴びるときには注意が必要といえます。
春先には、まだ、日焼け止めクリームを塗るほどではないと考えてしまう人もいるかもしれませんが、意外とこの時期の紫外線は強烈ですし、肌がそのような強烈な紫外線に慣れていないので、日焼け止めクリームを塗らないでいると、日光性色素斑や湿疹などのトラブルが起こる可能性もあるので注意が必要です。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミの種類:日光性色素斑の特徴と原因” への5件の返信

  1. ピンバック: 4cyn5et4m5t94c5t9m4vn54cx65
  2. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  3. ピンバック: 3tnxyc3ut5x45wmtcy5454tnc3c
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。