最低限知っておきたいシミの豆知識:シミの除去をするには

知っておきたい!シミの除去

シミの種類と除去方法

シミがあるとどうしても老けた印象になってしまいます。
しかし、シミとひとことでいってもその種類はさまざまなものがあるため、その種類に合わせて治療していかなくては悪化してしまう可能性もあります。

最も多いのが紫外線によるものです。
頬骨の高いところやこめかみにできやすい老人性色素斑という種類になります。

女性特有なのが頬骨や鼻の下、額などに左右対称にできる肝斑です。
女性ホルモンが関係しているとされており、妊娠中やピルの服用中などに出やすくなる症状です。

ソバカスは小さな斑点が鼻を中心に散らばって出るのが特徴です。
遺伝的な物で小学生頃から出てくるのが一般的で、年齢を重ねたり、紫外線の影響によって濃くなることがあります。

遅発性両側性太田母斑は、額や目の周り、頬などに生まれつきある茶褐色または青色のアザで、出産後まもなく出てくる物もあれば20歳を過ぎてから出てくる物もあります。

イボ状に盛り上がったものも一種のシミです。
脂漏性角化症と呼ばれるもので、角化が進んで隆起したものになります。

除去するためには、原因や症状に合わせて改善していくことが重要です。

 

老人性色素斑のシミを除去するには

紫外線が原因の老人性色素斑は、時間の経過とともに現れてくる物です。
紫外線を浴びたからといってすぐに出てくる物ではなく、紫外線ダメージを蓄積することによってあらわれます。
紫外線によってメラニン色素が生成されることによってできる症状で、肌のターンオーバーが正常であればメラニン色素は排出されますが、加齢やストレスなどが原因で肌のターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素が沈着しやすくなりできてしまうのです。

改善や治療するためには、このメラニン色素を取り除いてくことが必要となります。
そのためにはメラニンの合成を阻害する効果のあるハイドロキノンや、肌のターンオーバーを高めてメラニン色素の排出を促すレチノイン酸の配合されたクリームなどを塗ったり、これらの成分が配合されたら美白化粧品などを利用することが効果的です。

美容クリニックでは、クリームなどが処方されるほかメラニン色素に反応する特殊な光を照射することによって、メラニン色素を含んだ細胞を壊して排出させるレーザー治療などの方法もあります。

 

 

肝斑のシミを除去するには

女性ホルモンなどが原因で起こる肝斑を皮膚科などで治療する場合には、内服薬と外用薬による治療が一般的です。

内服薬はビタミンCやL-システインなどのほか、色素沈着を抑制する働きのあるトラネキム酸を内服していきます。
とくにトラネキサム酸はよく使われる成分になります。
症状によっては、ハイドロキノンやトレチノイン酸などの美白外用薬を組み合わせていきます。

ほかに注目されている治療方法がレーザートレーニングです。
レーザー治療などに使われるレーザーよりも非常に弱いパワーで平らに照射できる特殊なレーザーを使った治療方法で、通常のレーザー治療などの刺激で悪化してしまう肝班に対してダメージを与えることなく蓄積したメラニン色素を少しずつ減らしていく効果がある方法です。

 

 

そばかすのシミを除去するには?

そばかすの治療方法もさまざまなものがあります。

レーザー治療ほか、特殊な光を使ったフォトフェイシャルなどで改善していくことができるほか、イオンや超音波を使って高濃度なビタミン剤であるビタミンCやビタミンAを直接肌に浸透させることのできるイオン導入は、フォトフェイシャルと組み合わせて行なわれることの多い治療方法になります。

ほかにも、トラネキサム酸の服用や、古い角質を取り除いて表皮の生まれ変わりを促進させることのできるケミカルピーリングなどの方法があげられます。

 

 

脂漏性角化症のシミを除去するには?

脂漏性角化症を改善するためには、患部に液体窒素を当てて、凍結させてかさぶたを作ってかさぶたを治すことで脂漏性角化症を改善する凍結療法炭酸ガスレーザーで患部を照射して細胞組織を蒸散させて除去する切除方法や電気メスを使って表皮を極浅く削り取る電気外科的治療、サイズが大きく液体窒素やレーザーでは対処が難しい場合にはメスで患部を浅く切除する外科的手術による切除術などが行なわれます。

 

 

シミの除去方法まとめ

どのようなシミであれ、紫外線や外的な刺激が悪化してしまう原因となります。
悪化させないためには、こまめに日焼け止めを塗ったり、帽子を被る、日傘をさすなどの紫外線対策をしていくことが大切です。

外的な刺激を予防するためには、クレンジングはなるべく優しくするようにして、洗顔するときには清潔な手でたっぷりの泡を使ってなるべく肌に触れないようにしていきます。

肌のターンオーバーを正常するためにも、しっかりした保湿ケアも重要となります。

また、内側からのケアとして規則正しい生活を行ないながら睡眠をとってホルモンバランスを整えるように心がけたり、シミの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用の高いピーマンや柑橘類に含まれるビタミンC、肌の代謝を高めて新陳代謝を正常にするレバーなどに含まれるビタミンB2、抗酸化作用が強く肌細胞の老化を抑制するベリー類に多いエラグ酸などを意識して摂取していくことがおすすめです。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要