皮膚科で購入できるシミ化粧品

皮膚科で購入できるシミ化粧品

シミは、肌の色素沈着の一種

女性にとって悩みの種であるシミは、肌の色素沈着の一種です。
その多くが紫外線によるものですが、そのほかにも加齢やストレス、睡眠不足や不規則な生活、肌の炎症や肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などの様々な要因が考えられます。
基本的に、日焼けをしすぎたり、体調を崩しているときなどにできやすくなりますので、普段の生活はできるだけ規則正しく、栄養バランスのとれた食事をして、十分な睡眠をとり、ストレス発散に心がけるようにしましょう。
また、やはり紫外線は肌にとって大敵ですので、冬場に様に日光が弱いと感じられる時期でも日傘や日焼け止めは欠かさないようにしましょう。
予防としては、これだけでもある程度効果が得られます。

美白やアンチエイジングなどの効果が期待

すでにできてしまったものに対しては、個別に対策が必要です。
シミになるメカニズムは、メラニン色素が日焼けによって増加し、皮膚の中に沈着してできたり、メラノサイトという色素細胞そのものが変質してできるといわれていますので、まずはメラニンの生成を抑えたり、すでにできている色素沈着した細胞を新しいものと取り換える必要があります。
また、メラニン色素の生成や米良のサイトの変質は、体内の活性酸素が大きな原因といわれています。
活性酸素は加齢や紫外線によって増加しますので、これを減らすことで美白やアンチエイジングなどの効果が期待できます。

サプリメントの併用や専用の化粧品の利用

原因がわかったところで、対策としては食事では効果が限られています。
色素沈着を改善するには、肌のターンオーバーを活性化させることと、バリア機能を強化して、メラニン色素の過剰生成を抑制することが重要ですが、有効な食品はビタミンCです。
しかし、ビタミンCは過剰摂取してもすぐに体外に排出されますし、そもそも性質が安定しにくく、加熱したり長期間放置しておくことでどんどん失われてしまいますので、食品で必要量を毎日摂取することは困難です。
そのため、おすすめはサプリメントの併用や専用の化粧品の利用です。
スキンケアは毎日行っていることですので、これを色素沈着に有効なものと取り換えるだけで、かなり効果が期待できます。
探せばいろいろなメーカーのものが見つかりますし、皮膚科で処方しているものもあります。

主な有効成分はハイドロキノン

クリニックや皮膚科で処方しているものは、医師の処方箋が必要なだけあって、有効成分の濃度が高くなっています。
一方で、市販品の場合には、濃度が低いもののその分使いやすく、肌トラブルは少ないです。
また、品質を安定させるように作られていますので、保存期間は長くなっています。
主な有効成分はハイドロキノンで、以前は医療機関でしか入手できませんでしたが、薬事法が改正されてからは市販品にも含まれるようになりました。
高い美白成分を持っており、推奨濃度は2%以下となっています。
また、スキンケアに使う場合の上限の配合は4%となっています。

医療機関向けのクリーム

処方箋が必要な医療機関向けのクリームの場合、市販品よりもこのハイドロキノンの濃度が高くなっています。
ただ、ハイドロキノンは劣化しやすく刺激が強いため、高濃度であればよいというものでもなく、きちんと医師から使い方について説明を受け、正しい用法・用量で使用する必要があります。
院内でその都度製造していますので、入手してからすぐに使うようにすれば、肌トラブルもそれほど多くはありません。
万が一肌に合わない場合には、すぐに処方してもらった医療機関に相談するとよいでしょう。

価格を比較してみる

ハイドロキノンの他にも、トレチノインを配合したクリームがあります。
いずれもほぼ同じような有効成分が配合されており、これらの他にビタミンCやコウジ酸などが含まれています。
市販品も同じような成分が使われており、そのほかに防腐剤や香料が入っています。
価格を比較してみると、クリニックでは保険適用になる場合、かなり安い金額で入手できますが、市販品はいろいろな成分を配合している上、ボトルや広告などにも費用をかけていますので、高級品となっていることが多いです。
主要な成分の他には、肌に潤いを与えるプラセンタや肌の炎症や色素沈着を抑えるトラネキサム酸、美白効果のあるアルブチンなどを使用しています。

医療機関の化粧品は、シンプルな配合で肌への負担も少ない

医療機関の化粧品は、薬ではないのでトラブルはそれほど多くありませんし、シンプルな配合で肌への負担も少ないです。
美白効果も高く、定期的に購入している人もいますので、一度かかりつけの皮膚科などに取り扱いがないか相談してみてもよいでしょう。
通販や個人輸入などで処方箋無しで購入できる場合もありますが、市販の化粧品よりは刺激が強いので、きちんと使い方を確認し、成分も調べたうえで利用することをお勧めします。
香料や保存料などの合成添加物に弱い肌質の人でも安心して使えますので、シミやそばかすなどの色素沈着に悩んでいるときには、一度皮膚科に出向いてみましょう。
それと合わせて、普段の生活についても見直してみると効果がアップします。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“皮膚科で購入できるシミ化粧品” への3件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。