知っていますか?シミの本当のこと:シミの予防方法

知っていますか?シミの予防方法

女性の大敵、シミや黒ずみ

あらゆる老化の悩みの中で、最も女性が悩みやすいものといえば、しみや黒ずみがあげられます。
しわやたるみは、顔の筋肉全体の弱化が原因の為、ある一定の年齢を超えれば、防ぐことはなかなか困難な上、誰しもに少なからず現れるものといえるでしょう。
しかしながら、シミや黒ずみに関しては、違っていて、例えば、若い時に、どれだけ肌に対して無茶をしてきたか、またはどれだけ肌を労りケアを続けてきたかが顕著にあらわれるものと言えるでしょう。
どんなに年を重ねていても、肌が白い人というのは、理由なく若々しいと感じます。
一方で、どんなに美しい顔立ちでも、しみだらけで黒ずんでいると、生活感や疲労感、年を重ねている感じが否めません。
女性の大敵、シミについて、皆さんはどれだけのことを知っていますか?シミや黒ずみへのアプローチは、できてから、現れてからで良いと思っていませんか?何事も表面化してしまってからは遅いのです。
10年後の肌は今どのような生活習慣とケアをしているかに左右されます。

 

シミや黒ずみのメカニズム

シミや黒ずみを予防する前に、そのメカニズムを知っておく必要があります。
まず、シミの原因第一は、紫外線であることは皆さんも良くご存じでしょう。
日光に当たると日焼けします。
そして、日焼けは皮膚のターンオーバーにより、冬になる前には、すっかり元の肌色に戻っていることが殆どですね。
この日焼けの原因になる紫外線には、A波(UVA)とB波(UVB)の2種類があり、A波は、波長が長く、真皮層の奥にまで届く一方で、B波は波長は短いですが、エネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こす原因となっています。
どちらも肌を傷つけることには違いがありませんが、A波の場合、肌の奥のコラーゲンを破壊し、じわじわと影響を及ぼす為、注意する必要があります。
夏が過ぎたからといって油断は禁物です。

 

シミの予防方法とは?

シミの予防法~紫外線対策~

私たちの肌は、紫外線や外部からの摩擦によりメラニン色素が発生します。
それがシミや黒ずみの原因になるわけですから、まずは、それらの刺激を受けないようにすることが先決です。
まず、紫外線対策としては、日焼け止めが最も効果的だと言えるでしょう。
中でも、A波(UVA)とB波(UVB)の両方を防ぐ効果のある日焼け止めを使うことが大切です。
特に、波長が長く真皮層まで届くA波は、防止や日傘だけでは防ぎきれないことがあり、ガラスを通して、家の中まで入ってくるので気を付けましょう。
つまり、1年中、日焼け止めなどを使った方が良いということですね。
また、しみは、過度な摩擦によっても発生することがあります。
例えば、皮膚をこすり過ぎると言われるケミカルピーリングやエステでのマッサージ、顔そり、スクラブ入りの洗顔、泡立て不十分な状態での洗顔、メイク落としなど、肌にとってはある程度必要なことでも、やり過ぎると逆効果になってしまいます。
特に、毎日の洗顔では、フォームを十分に泡立て、包み込むようにそっと洗うだけで十分に汚れは落ちると言われています。
ごしごしこすることで、皮膚が薄くなってしまうのです。
よく、鼻筋を中心に、頬骨の上、左右に薄い茶褐色のしみや赤味が現れるケースがあります。
これは、肝斑というもので、ホルモンバランスなどの内的要因によるものですが、中には、外的要因であるケースもあります。
それが、洗顔やスキンケア、メイク時のこすり過ぎによるものです。
頬骨のあたりは、どうして力が入ってしまう上、メークの際にもこすり過ぎてしまう人が多いようです。
皆さんも鏡を見て、どうも頬骨のあたりにしみが多いなと感じたら、さっそくスキンケアの方法に注意してみましょう。
肝斑でなければ、次第に効果が現れるはずです。

 

シミの予防法~シミに効く成分~

また、しみや黒ずみは出来てからでは遅いと言えます。
早めのアプローチと予防が大切です。
風邪薬と同じように、内服のビタミンCも、普段から適量を摂取することをおすすめします。
また、服用時は、時間帯にも気を付けましょう。
ビタミンCに含まれる「ソラレン」という物質は、紫外線を逆に吸収しようと働きかける成分でもあります。
通常の美白化粧品やビタミンC誘導体の美容液は、それらが考慮され安心・安全に作られていますが、生ビタミンCなどのエッセンスの場合は、皮膚につけて直接光にあたると、しみや黒ずみができやすくなります。
よって、夜のスペシャルケアの一つに取り入れることをおすすめします。
その他にもしみを予防する成分として、アルブチンという成分があります。
これは、コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体で、メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、化粧品などに採用されています。
皮膚への刺激も少ない為、初心者にも取り入れやすい成分です。
ビタミンCと一緒に使用すると更なる効果が期待できると言われています。
また、これらは、できてしまってから、或いは、夏だけ、といった限定的な使い方ではなくて、予防策の意味で1年を通して使用することが効果的だと言われています。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“知っていますか?シミの本当のこと:シミの予防方法” への5件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。