知っておきたいシミ:シミは手作り化粧水で撃退

シミは手作り化粧水で撃退

シミに効果的な手作り化粧水を作ってしまう

高価な市販の美白化粧品を試しても、一向に気になるシミが消えないという人がたくさんいますが、人の肌質は様々ですので、全ての人が同じ商品を使ったとしても個人差が出るのは当然です。

個人差があるというなら、手作り化粧水を作ってしまうという手段が利用できます。
自分の肌質にあった成分濃度にしたり、成分を選び出すことができるのがメリットです。

 

 

尿素を使った手作り化粧水

シミに効果的な手作り化粧水にはいくつかあります。
まず初めに取り上げるのが、尿素を使った化粧水です。
尿素は硬くなった角質を軟らかくしてくれます。
冬場の乾燥しがちなシーズンに、硬くなったかかとや肘などに塗って、なめらかにする目的としてよく使用されているものです。

 

尿素を25g、グリセリンを小さじ2分の1、水道水もしくはミネラルウォーターを100cc用意します。
これで原液を作り出します。
原液を保存しておく容器を用意しましょう。
加えて、化粧水として使用するための専用容器をもう1本、揃えておきます。

尿素を使った手作り化粧水の作りかた

作り方はとても簡単です。
清潔にした容器の中に、材料として用意した尿素を全て入れます。
続いて水道水もしくはミネラルウォーターを100cc注ぎます。
容器から飛び出さないように工夫しながら、材料を混ぜ合わせてください。
蓋付きの容器であれば、蓋をしっかり閉めてから振れば、簡単に混ぜ合わせることができます。

両者がよく溶けたら、残りの材料であるグリセリンを加えます。
再びよく混ぜあわせれば完成です。
しかし、この段階ではまだ原液の状態です。
原液のまま肌につけると刺激が強すぎてしまいますので、水道水やミネラルウォーターで薄めて使いましょう。

顔に使う際には、10倍を目安に濃度を薄めてみてください。
かかとのような皮膚の厚い部分と違って、顔の皮膚は薄く、デリケートです。
濃度が高過ぎると炎症を起こしたり、シミの症状が悪化する危険がありますので気をつけましょう。

できれば少量ずつ試しながら、使用することをおすすめします。
パッチテストを行ってからの使用ならより安全です。
腕の内側や太ももの部分などに手作り化粧水を少量塗りつけて、1日程度そのまま放置します。
その部分に赤みや刺激を感じなければ、顔にも安全に使えると判断できます。
少しでも刺激を感じられたなら、もっと濃度を薄めるか、使用を控えるようにしてください。

 

尿素の働きで角質が軟らかくなると、古い角質が剥がれやすくなります。
その下から新しい角質が作られますが、この繰り返しで、肌に色素沈着を起こしているメラニン色素を効率よく排出することができます。
根気よく続けていれば、次第に色素が薄くなってくるようになります。

しかし、全ての人に有効性が認められるわけではありませんので、過信しないことが大切です。
肌に合わないと感じたのなら、できるだけ早く使用をとめて、別の方法に切り替える判断が重要になります。

 

尿素の入手方法

尿素はわりと簡単に入手できます。
ネット通販でも売られており、価格も安いですので、誰でも簡単に手作りしやすくなっています。

ところで、尿素が配合されたクリーム状の市販薬が販売されていますが、これでシミを消そうと考える場合には注意が必要です。
商品の説明書きをよく確認しましょう。

 

尿素を使った手作り化粧水は副作用に注意

顔の部分に使うことができない商品だと、尿素の配合量が多い可能性が高く、顔に塗るとトラブルになる可能性が高くなります。
副作用として赤みや湿疹、痒みといった症状が発生する危険があるため、自己判断で使用しないようにしてください。

副作用については、尿素を使った手作り化粧水にしても同様です。
少しでも異常を感じたのなら、直ちに使用を中止する勇気が必要です。

 

 

ビタミンCを誘導体を使った手作り化粧水

尿素以外の手作り化粧水として、ビタミンC誘導体を使ったものも存在します。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCそのものですが、ビタミンCを安定的に肌に取り込むことができるように調整されたものです。
この成分が配合された美白化粧水などの市販品がたくさん販売されています。
他に、ビタミンC誘導体そのものをパウダー状にした商品も出回っています。

尿素と同様にネット通販で簡単に購入できますので、化粧水を手作りする際に活用してみましょう。

 

購入する際に、同時に精製水も注文しておきます。
とても手頃な価格とあり、お財布の負担になりにくい便利な商品です。
この精製水とビタミンC誘導体パウダー、そして保湿効果のあるグリセリンを混ぜ合わせれば完成です。

容器は綺麗に洗ったものを使用してください。
雑菌が入らないように工夫しながら作るのがコツです。
ビタミンC誘導体の効果を低下させないためにも、精製水以外の液体を使わないように注意してください。

ビタミンC誘導体は美白化粧品の他、医療機関のシミ治療でも使われることが珍しくありません。
とてもおすすめできる化粧水です。

しかし、ビタミンC誘導体の濃度が高過ぎると、ピリピリとした刺激を強く感じます。
必ず薄めて使うようにしましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“知っておきたいシミ:シミは手作り化粧水で撃退” への3件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。