経口薬治療でシミを消す仕組みについて

経口薬治療でシミを消す仕組み

シミのメカニズム

シミとはそもそも、皮膚の中で生成される色素であるメラニンが色素沈着を起こしたものです。
メラニンにはそもそも細胞核を紫外線から守ってくれる役割があります。
皮膚に過度に紫外線を浴びるなどすると、表皮にある角化細胞が肌を守ろうとして、メラニンを作る細胞であるメラノサイトに、メラニンを作るように指示をだします。
生み出されたメラニンは周囲の表皮角化細胞に供給され、傘のような役割を果たすことで肌の奥の層に紫外線が届かないようにします。
通常、生み出されたメラニン色素は肌のターンオーバーが行われる過程で体の外に排出されます。
しかしいろいろな要因でターンオーバーがスムーズに行われないと、体外に出ていくはずのメラニンが皮膚に留まって色素沈着を起こし、結果としてシミになってしまうのです。
この他にも、遺伝が主な原因でできるそばかすや、頬骨や額にもやがかかるように出来る肝斑など、様々なタイプがあります。

 

シミを消す方法

できてしまったとき、一番手っ取り早いのは美白化粧品でセルフケアを行うことです。
しかし化粧品によるケアは日焼けによるシミを防ぐことはできても、既にできてしまったものを消すまでには及ばないことがほとんどです。
その際はクリニックを受診するようにしましょう。
シミの治療を言うとレーザー治療を思い浮かべる人が多いですが、まず外用薬と内服薬による治療で経過を見ることができます。
効果的な治療を行うのならば内と外両方からアプローチすることが大切です。

 

経口薬治療でシミを消す

経口薬治療に用いられる薬にはいろいろな種類があり、有効とされ配合されている成分も多種多様です。
またアプローチの仕方も様々で、メラニン色素の生成を抑えるもの、肌のターンオーバーを促すものなどがあります。

トラネキサム酸は、メラニンの生成を抑制したり、炎症を抑える作用があります。
もともとは湿疹やじんましんの治療薬として使われていたアミノ酸の一種です。
トラネキサム酸は、メラノサイトに届くメラニン生成の情報の中にあるシミ発生物質「プロスタグランジン」などをブロックすることでメラニンの生成を抑えます。
最初の段階でストップをかけることができる成分と言えます。
その他にも肝斑の発症に影響があると言われているプラスミンの働きを抑えることができ、メラノサイトが活性化するのを抑えることで肝斑の発症を防ぐとも考えられています。

 

ビタミンCは、肌にいいことで有名な栄養素です。
メラニン色素を作るのに必要なチロシナーゼと呼ばれる酵素の活性を抑える働きがあります。
また、活性酸素を補足して無害化する抗酸化作用も持っています。
活性酸素とは、体内に取り入れられた酸素が変化したもので、量が増えすぎるとDNAやたんぱく質を傷つけ、細胞の機能を低下させます。
また、増えすぎた活性酸素を除去しようとする働きが起こった際、メラノサイトが刺激されてメラニンが作られてしまうこともあります。
ビタミンCの抗酸化作用は体が錆びることを防ぎ、肌を若々しく保つことでシミ自体ができにくい肌を作ります。
肌の源であるコラーゲンの生成を助けることで肌のターンオーバーをサポートしたり、紫外線による皮膚の炎症を防いでくれる働きもあるので、肌のトラブル全般の強い味方と言えるでしょう。

 

ビタミンCと相乗的に働いてくれるのがビタミンEです。
ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性と違いはあるものの、両者ともに優れた抗酸化作用を持っています。
単体でも高い効果を持っていますが、一緒に摂るとそれぞれが協力して体の酸化を防いでくれます。
特にビタミンCとビタミンEは相性が良く、酸化されて抗酸化力を失ったビタミンEを、ビタミンCは元の形に戻してくれる効果があります。
更にビタミンEには毛細血管を広げて血流を改善すると言う効果もあります。
血の巡りが良くなると細胞の新陳代謝が活発になるため、肌トラブルを防ぐことにもつながるのです。

 

L-シテインは体の内側から代謝を助けてくれるアミノ酸の一種です。
日常の食事で大量に摂取することが難しいため、準必須アミノ酸として扱われることもあります。
L-システインは肌の新陳代謝を正常にする作用を持っており、更に新陳代謝を活発にすることでメラニンの排出を促してくれる効果もあります。
更にL-システインにはメラニン色素の産生を抑える働きもあります。
メラニン色素には黒色メラニンと黄色メラニンの2種類があります。
両者は正反対の色味を作る色素ですが、両者とも元になるのはチロシンと呼ばれる色素です。
L-システインはチロシンを黄色メラニンに変化させる働きがあるため、結果的に黒色メラニンを減らすことができるのです。
L-システインはビタミンCと一緒に摂ることでより高い相乗効果を得ることができます。

医師の診察を受ければ、種類や症状の重さに合わせて薬を処方してもらえます。
医師の指示に従って服用し、効果的な治療を行うようにしましょう。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“経口薬治療でシミを消す仕組みについて” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。