美容皮膚科で肌の黒ずみ・シミを解消する方法

黒ずみ・シミを解消する方法

肌の黒ずみ・シミを解消する方法

肌の黒ずみやシミの原因は、皮膚に染み付いたメラニンで、色素が残り続けることが主な要因です。
大切なのは、肌の黒ずみを引き起こす摩擦であったり、紫外線の影響を最小限に抑える点にあります。
肌がダメージを受けた時は、回復を少しでも早めることが重要で、皮膚細胞の働きを促すことがポイントです。
また、加齢が加わるとシミの原因が一つ増えますから、二つの問題に対処する必要性が高まります。
原因が分かると、対処法も自然に見え始めますが、個人で肌の黒ずみやシミを解決することには、残念ながら限界があります。

発生しているメラニンは、確実に肌の黒ずみ、そしてシミになって現れてしまう

勿論、洗顔時に摩擦を減らしたり、肌をゴシゴシと洗って傷つけるのを止めることは先決です。
しかし、既に発生しているメラニンは、確実に肌の黒ずみ、そしてシミになって現れてしまいます。
美容皮膚科には、皮膚についたメラニンを漂白する医療技術があるので、医療のサポートを受けて解決を目指すことがおすすめです。
肌の黒ずみは、皮膚の表面付近で発生していることが多く、原因が繰り返しダメージを与え続ければ、当然メラニンの悩みから解放される日は遠のきます。
シミは症状によって異なりますが、こちらも原因を取り除くことが重要なので、ダメージの減少と回復を両方同時に進める必要があります。

メラニンに打ち勝つ一つの方法

ハイドロキノンという成分は、メラニンに打ち勝つ一つの方法で、医療関係者の間では肌を漂白する薬と呼ばれています。
成分の働きは、メラニン色素の再生性を防ぎ、肌から色素を追い出す効果にあります。
ハイドロキノンを含む医薬品は、濃度に違いはありますが、範囲的には5から10%濃度のタイプが使われています。
使い方は簡単で、肌の気になる部分に塗り、浸透させて色素に薬が届けば効果を発揮し始めます。
治療期間は最低3ヶ月で、最長1年程変化や様子を見ることが大切ですから、気持ちにある程度の余裕が必要な治療法です。
通院は2週間に1回が目安で、肌の変化を確認してもらったり、治療の継続は可能と判断された上で、新たな薬の処方を受けることになります。
注意点としては、一定期間中断することなく継続する必要があったり、刺激に耐えられるか確認することが挙げられます。

メラニン細胞が入れ替わる時に色素を薄くすることが欠かせません

肌細胞には、細胞分裂のサイクルがあるので、メラニン細胞が入れ替わる時に色素を薄くすることが欠かせません。
肌全体の色を薄くする為には、薬を塗り続ける必要がありますから、必然的に継続が肌回復の条件になります。
一方のトレチノインは、古い角質を取り除く薬で、細胞に強く結びついている色素を肌から引き剥がします。
更には、肌の細胞サイクルを促進する働きもあるので、これらを上手く組み合わせると、相乗効果によって肌の白さが蘇ります。
二つの薬は、必ずしも美容皮膚科で受ける必要はなく、一般的な皮膚科でも処方してもらうことが出来ます。
浸透力や効果は優れていますが、劣化しやすいという欠点を備えているので、必要な分だけ処方を受けることが外せない条件になります。
美容皮膚科の本当の価値は、薬の治療効果より、もう一段階優れた医療設備が備わることにあるといえます。
薬の刺激が強すぎたり、短期間で治療を完了する必要がある時は、医療用のレーザーが問題を解決する選択肢になります。

メラニン細胞に直接攻撃を行い、色素の原因を下から破壊

レーザーの作用は、メラニン細胞に直接攻撃を行い、色素の原因を下から破壊する流れがあります。
レーザーであれば、出力が調整出来たり範囲を限定して治療が進められるので、正常な肌に与えるダメージは最小限に抑えられます。
黒ずみが発生しやすい脇は、薬で治療しても劇的な効果が得られなかったり、時間がかかって断念してしまうこともあります。
その点レーザーは、薬が届かない部分に直接働きかけるので、効果が早く現れ始めますし、治療はダメージが少ない短期間で済みます。
1回の治療時間は範囲によって違いますが、脇なら最大でも30分程度で、少なくても2ヶ月は通院して治療することが必要です。
薬を使った治療期間に比べると、レーザーは1回あたりが短時間で、回数は5回程度と手間の少なさがメリットになります。
最初の1ヶ月目は、通院間隔が1、2週間ですから、この点は薬の処方で通院する場合とそれ程変わりません。
摩擦等で生じる肌の黒ずみと、加齢現象で促進されるシミは、どちらも治療を適切に行えば回復が目指せます。
ただ、治療を終えても再発するリスクはあるので、再び症状が発生しないよう、予防を始めることも肌を美しく保つコツになります。
薬剤を使ったピーリングは、傷んだ肌の表面の再生に有効で、初期症状なら薬やレーザーを使わなくても解決出来ます。
初期症状だけではなく、再発防止効果も優れているので、確認の意味も含めて定期的に美容皮膚科に通う価値は十分にあります。
デリケートな肌の悩みを解決したい場合は、専門的な技術に優れた美容皮膚科を選び、基礎技術と応用力に加えて、過去の治療実績が詳細に好評されているクリニックをヒントに探すと安心の治療は受けられます。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要