知っていますか?シミの本当のこと:老人性のシミは何歳から?

老人性のシミは何歳から?

老人性のシミ

シミの原因は主に紫外線ですので、10代や20代でもできることはあります。
しかし、加齢によって進行する老人性は、ケアをしてもなかなか改善せず、さらに大きく黒くなっていくのが特徴です。
個人差はあるものの、40歳を過ぎて目立つシミができた場合は、まず老人性と言って良いでしょう。
紫外線によって色素沈着が起こり、加齢によって進行しますので、きっかけとなる紫外線をカットすることである程度予防することができます。

 

老人性のシミを予防するには?

外に出るともちろんのこと、家の中にいても紫外線の影響をうけますので、人間の生活の中で紫外線をまったく浴びない、というのは不可能です。
しかし、服装やスキンケアで気を付けることは可能であり、それをするかしないかで40歳を超えてからの肌の状態には大きな違いが出てきます。
シワやたるみの原因にもなりますので、短時間の外出でもケアを怠らないようにしましょう。

特に気を付けたいのが顔です。
女性はもちろんですが、男性も肌トラブルは避けたいものです。
紫外線は、美容に悪いだけでなく、皮膚がんの原因になることも分かっています。
しかも、皮膚がんについては子供の頃にどれだけ紫外線を浴びるかで発症が左右されるとも言われていますので、若いうちのケアがいかに重要かお分かりいただけるでしょう。

 

老人性のシミは紫外線ケア

老人性色素斑が顔にできてしまうと、最初は必死で美白化粧品やビタミンの摂取などで薄くしようと努力します。
しかし、なかなか改善しないことに諦めてしまい、開き直ったように外出時にも紫外線ケアをせずに、日光を浴び続ける人がいます。
そうすると色素斑はますます進行し、より大きく、より濃くなっていきます。
少しずつ進行するため、自分では悪化していることに気がつきにくいですが、ケアをしなければ確実に悪化します。
レーザーで除去するのが最も早い方法ですが、毎日のケアで薄くすることは可能です。
時間がかかっても良いので改善したい、という人は、今からでも遅くはありません。
紫外線のケアをしていきましょう。

全身のケアとなると服装まで気を付けなければならず大変ですが、顔だけならそこまで面倒ではありません。
外出時には日焼け止めクリームを塗る、帽子を被る、この2つでも全然違います。
日焼け止めは、春から夏にかけて天気の良い日には使う人が多いですが、それ以外の季節や雨天の日には使用しない人も多くいます。
しかし、紫外線は一年中降り注いでいます。
量は少なくなりますが、曇天や雨天の日にももちろん紫外線が地上に到達しています。
日焼け止めは毎日塗るよう習慣付けておくと良いでしょう

但し、日焼け止めクリームは肌にもある程度負担がかかります。
長時間炎天下で作業する時などはカバー力の強いものを使いたいところですが、デスクワークの人などは、それほど強いものを使わなくても大丈夫です。
女性なら、UVカットのできるファンデーションを塗るだけでも充分でしょう。
天気や外にいる時間によって使い分けができるよう、3種類程度のカバー力の異なる日焼け止めクリームを常備しておくことをおすすめします。

 

老人性のシミに効く美白化粧品

40代から、50代から、というような年代別の化粧品の宣伝を見たことがある人も多いでしょう。
年齢に合ったスキンケアは、大きな意味があります。
シミひとつ例にとってみても、40代から表面に出やすくなってきます。
色素斑の元となる紫外線は20代、30代で浴びていても、それが表に出るのが40代から、ということです。
その頃から目立ち始めるシミが老人性と言われる所以です。

どんなに後悔しても、若い頃に浴びた紫外線の量を表に出てきてからどうこうすることはできません。
あとはどんな対策をするか、ということだけです。
日焼け止めクリームは、これから色素斑を作らないようにすることと、既にある色素斑を悪化させないことには大変有効ですが、既に目立ってしまっている色素斑を消すことまではできません。
レーザー以外の方法で見事に消し去ることはなかなか難しいですが、日焼け止めクリームと併用して美白化粧品を使うことで、薄くしていくことは可能です。
最近の美白化粧品はとても優秀で、使い続けることでシミを目立たなくさせることは充分に期待できます。

美白化粧品には化粧水や乳液のように顔全体に塗るタイプのもの、部分的に塗るタイプのものがあります。
部分的に塗るタイプのものは少しお値段がはりますが、美白成分が濃縮されていて効果が高いものが多いです。
顔全体に使える化粧水、乳液、美容液を使いつつ、目立つ色素斑には部分的に濃縮された美白クリームを使うと効果的です。
どちらか片方でも効果がないわけではありませんが、より早く高い効果を期待する40歳以上の人には、ダブルでの使用をおすすめします。

 

老人性のシミにレーザー治療

もっと手っ取り早く、ということであれば、レーザーでのシミ除去をおすすめしますが、レーザーで除去しても同じ場所にできることがあります。
これは、色素斑の元が肌の内部に残っているからで、レーザー治療を受けたとしても、美白ケアは不可欠です。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“知っていますか?シミの本当のこと:老人性のシミは何歳から?” への5件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cn45xtw3x54cm54tnwvb54tviwc5
  5. ピンバック: twn9scy54nthej4d5tfebfdte43

コメントは受け付けていません。