シミの種類:脂漏性角化症の特徴と原因

脂漏性角化症の特徴と原因

 

肌トラブルの1つであるシミ

シワやニキビ、たるみを初めとした肌トラブルに悩まされる人は多く、顔を中心にこれらは発生します。
人とコミュニケーションを上手く取るために顔は、衣服等で隠すことは難しくこうした肌トラブルができてしまうと他人に良い印象を与えません。
これらの症状を緩和するためドラッグストアや薬局を初めとする市場ではサプリメントや化粧品などの開発、販売に取り組んでます。
またテレビや雑誌を初めとしたメディアでは、肌質を向上させる食べ物や運動法を紹介しておりそれらを目にする機会は多いでしょう。
シワやたるみ、ニキビなどの肌トラブルの多くは紫外線や睡眠不足、喫煙習慣などによって引き起こり、メラニンという色素が肌に染みついて地肌よりも濃い部分ができてしまうシミもその中の一つです。
シミのメカニズムは長期間紫外線を浴び続けたり、加齢などで新陳代謝が衰えると細胞を守ろうとする働きを持つメラニンが徐々に蓄積されることで発生します。
一般に肌にできたシミを完全に取り除くことは難しいですが、スキンケアや要因となる紫外線を避けることで薄いものなら目立たなくすることが可能です。
こうした紫外線や老化に伴い発症するシミは老人性色素斑と言い、同じメカニズムで発症する皮膚トラブルに脂漏性角化症というものが挙げられます。

 

脂漏性角化症とは?

脂漏性角化症は老人性いぼ、老人性疣贅とも呼ばれ、全身のどこにでもできる可能性のある皮膚の良性腫瘍です。
良性腫瘍とはガンのように転移や過度の増殖をして、命の危険に晒すものではありません。
その為腫瘍の発生した部分を切除すれば再発や転移を来さないものであり、おできや子宮筋腫などが代表的なものです。
脂漏性角化症の大きさは約1から2mm程度の小さなものから2cmくらいのものまで様々です。
発生始めは小さいですが加齢とともに徐々に大きくなりやすいのが特徴で、実際60代になるとこの症状になる人は全体の約80%にもなると言われます。
また若い頃から紫外線をたくさん浴びてきた人は40から50代から出来始めるとも言われます。
実は遺伝的な要因も関わることもあり、その場合は20から30代の若い肌にも出現することがあります。

 

脂漏性角化症と他の悪性のシミの判別に注意!

色は皮膚の色に似たものから淡褐色、灰褐色、黒色など様々であり、形も平らなものから、隆起するものまで異なります。
痛みがない反面まれに痒みを伴うこともありますが、放置しても特に問題はありません。
しかしこの疾患は形や色、手触りなどの種類が多々あるのでホクロや皮膚がんの腫瘍か、日光角化症といった皮膚トラブルの判断が常人では難しいです。
その為光角化症や悪性黒色腫といった悪性のものを放置しがちになり、最悪の状態に陥る可能性があるので注意が必要です。
皮膚科を初めとした医療機関の専門医は多くの場合見た目で判断できますが、ダーモスコピーという検査機器や皮膚を採取して精密な検査をすることもあります。
症状が急激に大きくなったり、半年ほどの短期間で異常に増殖した場合は内蔵に悪性腫瘍が伴ってる可能性があるので早めに受診するようにしましょう。

 

脂漏性角化症を消すには

確かに脂漏性角化症は放置しても問題はありませんが、ポツポツとした地肌と違う斑点はひげ剃りや見た目の印象に影響を与えるので消す方が良いという意見も多いです。
こうした色違いの斑点を消すためには、ホクロやイボの治療に用いられる炭酸ガスレーザー患部を除去する方法があります。
削る深さが調整できるメリットを持つので繊細な治療ができるので主に顔面に行われます。
この他には患部を液体窒素で凍結してかさぶたにして除去する凍結療法があり、これは麻酔不要で手軽にできるため広く一般的に行われています。
しかし数回治療を繰り返す必要があり、施術後炎症による痕が残る可能性があるので顔面以外に行われるのが一般的です。
電気メスを用いた治療法もあり、選択肢は一見多いように見られますが脂漏性角化症のサイズが大きくなると前文で紹介した手段が通じなくなります。
この場合はメスを使用して浅く患部を切除する外科手術あるいは皮膚移植を行う必要があり、なるべく早い段階に医療機関へ相談に向かうことが大切です。
一般に液体窒素による凍結療法と、電気メスや金属メスによる外科的な皮膚良性腫瘍摘出術による治療では保険が適応されます
しかしレーザーを用いた手術では健康保険が適用されない場合が多く、全額自己負担になる恐れがあります。
金銭的な負担をかけないためにも、発症予防を心がけることが大切です。
外出時は帽子や日焼け止めを身に付け肌トラブルの要因になる紫外線を避けたり、保湿成分やターンオーバーを促す化粧水を使うようにしましょう。
また喫煙や睡眠不足、ストレスといった肌に負担をかける要因を取り除くだけでも状態悪化を防ぐことができます。
現在ではビタミンCを初めとした肌に栄養を与えるサプリメントやドリンクの販売も行ってるところもあり、それらを活用してもおすすめです。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミの種類:脂漏性角化症の特徴と原因” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。