漢方医学の視点で解説!脾肺気虚証からみるシミ

漢方医学の視点で解説!脾肺気虚証からみるシミ

シミと老化

シミは、顔に出来る痣の一種で、年齢を重ねるにつれて発生しやすくなります。
このために、加齢を象徴する現象と認識されており、この痣の一種が多い人は実年齢よりも老けて見られてしまいます。
ただし、シミの増加と身体の健康状態とは直接的な関連性はありません。

まず、皮膚は紫外線によりダメージを受けると、細胞内部の組織が破壊されてしまいます。
この損害が内部に到達することを食い止めるために、表皮の最下層に存在しているメラノサイトがメラニン色素を生成します。
これは、紫外線に対して傘や蓋の様な役割を果たすもので、これにより皮膚の内部が守られることになります。
その後、時間が経過することにより、ターンオーバー機能により表皮は剥がれおちて、新しい皮膚へと変化します。
この時に、メラニン色素も同時に取り除かれるのですが、ターンオーバー機能が低下している状態の場合にはスムーズに行われません。
これにより、メラニン色素が付着したまま残ってしまうことが、シミと呼ばれている現象です。

なお、加齢の象徴と認識されている理由は、ターンオーバー機能は年齢を重ねるにつれて低下していくからです。
ただし、若いからといって全く無関係というわけではなく、紫外線によるダメージが恒常化している様な場合や身体の調子が悪い場合は、同様にメラニン色素が残ったままの状態となります。

 

加齢によるシミと漢方療法

この痣の一種に対しての予防と改善方法は、発生のプロセスに合わせてのアプローチとなります。
まず、肌を紫外線から守るためのUV化粧品などで防御したうえで、肌のターンオーバーを活性化するビタミンCなどの栄養素を補給するという流れとなります。
また、ターンオーバーの低下がストレスや加齢、ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、これらを正常な状態に回復するプラセンタが効果的です。

現在では見た目の問題を医療で解消する美容外科などのクリニックが増加しており、これらによる治療も本格化しています。
具体的には、外部からレーザーを照射することによりメラニン色素を取り除くというレーザー治療も開発されており、短時間で問題を解消するということで人気を集めています。
これらの治療は原因に対して直接アプローチするという仕組みで、ヨーロッパにルーツを持つということで西洋医学と呼ばれているものです。
現在の世界の治療の主流であり、現代医学とも呼ばれています。
これに対して、古代中国にルーツを持つ治療のことは、東洋医学又は漢方療法と呼ばれています。

 

漢方療法によるシミ治療とは

この東洋医学は、痛みや不調の原因は気の流れが乱れていることが根本的な原因であるということを理念としており、これを改善することを目的としています。
具体的には、気の流れを改善するために外部から刺激する鍼灸治療と、内部から改善する生薬治療とに分類されます。
いずれも現代医学の代替医療として位置付けられていますが、症状によっては東洋医学の方が適切な場合があります。
これは東洋医学は身体への負担が軽いので、副作用に見舞われる危険が無いからです。
また、現代医学の様に悪化した部位をメスで除去するという内容の治療はないので、身体に傷跡が残る様な心配はありません。
このために、健康に対して直接影響の無い症状に対しては、大がかりな現代医学よりも東洋医学の方が適当です。
つまり漢方によるシミ治療は、かなり有効ということになります。

 

漢方でいうシミの原因、脾肺気虚証

ちなみに、漢方でのシミに対しての認識は、脾肺気虚証が原因による症状というものです。
この脾肺気虚証は、名前に用いられている漢字からも分かるように、肺と脾臓の不調を合わせたもので、慢性的な呼吸器疾患を持っているうえに、胃腸の状態が思わしくない人が該当します。
この問題に対しての漢方によるアプローチは、温めることにより自然治癒力を引き出し、抵抗力を向上させるという内容です。
つまり、自らの能力により対処するということで、何かを喪失するという内容ではありません。
また、身体全体の状態が良好になるので、皮膚以外の問題も同時に解消されます。

 

なお、具体的な内容はというと、鍼灸治療では足三里や太白、公孫などのツボを刺激する施術を行い、生薬療法では四君子湯などが選択されます。
これらは、前述したように不調に対してのみダイレクトに作用するものではないので、治療してすぐに状況が改善するということはありません。
このために、現代医学によるレーザー治療等と比較すると、即効性という部分での比較は意味がありません。

ただし、徐々に状態は良化していくので、最終的には遜色ない仕上がりとなります。
さらに、身体全体が良化しているので、トータルでの健康度では漢方に軍配が上がることになります。
つまり、シミ以外の不調に対しても効果を発揮するということです。
このために、時間的に余裕があるという場合は、漢方を選択する方が適当であり、安全かつ確実に症状を解消することを期待できます。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“漢方医学の視点で解説!脾肺気虚証からみるシミ” への4件の返信

  1. ピンバック: xmt85c4wx5ctwxw3tcerthve56
  2. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  3. ピンバック: cnwy54wy54wy54wy5435te4c5t34
  4. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。