シミの種類:ADMの特徴と原因

ADMの特徴と原因

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とは?

紫外線が強くなる季節に気になるものと言えばシミやシワですが、大きさや色、発生した場所によって、大まかに分けるだけでも 、非常に多くの種類があります。
お肌全体が黒ずんで透明感がないために、お肌の色がくすんで見える「角質汚れじみ」や、頬や鼻の横、額などに左右対称にある色が薄めの「肝斑」、頬骨やこめかみ周辺などにうっすら丸くできる「老人性色素斑」、ニキビや肌荒れの跡「炎症性色素沈着」、鼻や目のまわりにできる細かい斑点状の「雀卵斑」、強烈に紫外線を浴びることでできる花びら状の「光線性花弁状色素斑」、皮膚を強くこすったり押したりして強い刺激を与えたときにできる「摩擦黒皮症」、頬やこめかみにできる黒っぽく出っ張りのある「脂漏性角化症」、目のまわりや体にできる「太田母斑」、お酒を飲んでいないのに頬やはなが赤くなる「赤ら顔、毛細血管拡張」など、およそ10種類もあり、それぞれ原因や対策、予防法などが異なります。
なかでも、最も厄介だとされるのは、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)「両側性遅発性太田母斑様色素斑」とも呼ばれています。
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、「Acquired Dermal Melanocytosis」の略で、ここで注目したいのは日本語で呼ばれる際の、「母斑」という単語です。
母斑とは「あざ」のことを指します。

 

ADMの原因

おもな原因は、はっきりとは分かっていないというのが現状ですが、遺伝的要素が大きいのではないかと考えられています。
また、加齢やホルモンバランスの乱れ、あるいは紫外線を浴びたことによるお肌の老化や、日常的な間違ったスキンケアが原因ではないかという説もありますが、どちらかと言うとシミというよりも、実はあざの一種と考えられている症状です。

 

ADMの特徴

「あざ」というと、先天性で生まれつきあるというイメージですが、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の場合は、20〜30代にかけてあらわれてくるという傾向が強く、老人性色素斑と違って、形がはっきりとしていないことや、小さな紫色や灰色、褐色などのさまざまな色のシミが混在していたり、顔の両方にできるという特徴があります。
現れる部位は、おもに頬の上部や額の端、小鼻の横などになります。
単体で発症することは珍しく、多くの場合は肝斑や老人性色素斑と併発するため、気づかないことも多いようです。
肝斑ともよく間違えられますが、肝斑の場合は色が薄い褐色であり、30代以降に発症するという特徴がありますが、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の場合は、青や灰色がかった茶褐色のものが、20代からあらわれてきます。
素肌のままでは色の見分けがつきにくいのですが、ファンデーションなどを塗ると、素肌で茶色っぽく見えていたものが、青や灰色、紫のように見えるようであれば、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)である可能性が高くなります。
色の違いは、メラニン色素が、どこに存在しているかという構造の違いによって分かるようです。

 

ADMのシミを消す方法

このように、見た目は肝斑や紫外線などによるシミと似ていますが、やはり全く異なったものになりますので、肝斑を消すための薬や、通常の美白用のサプリメントを飲んでも消すことはできません。
また、一般的な紫外線によるシミとも混在することも多いため、皮膚科のドクターであっても、色や形、境界線などでの判別が非常に難しいと言われています。
一般的な紫外線などによるシミの場合は、表皮層の最下層にメラノサイトがあり、肌サイクルとともに表層に向けて排出されていきますが、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の場合は、メラニン色素を生成するメラノサイトが深い真皮層にあるため、通常であれば、表皮層が約28日で入れ替わるのに対し、ターンオーバーに5~6年周期もかかると言われています。
そのため、真皮層で生成されたメラニン色素が排出されにくいため、徐々に蓄積してしまいます。
治療法としては、メラニン色素にのみ反応して色素を破壊することができる「QスイッチYAGレーザー」や、波長694nmの「Qスイッチルビーレーザー」、波長755nmの「アレキサンドライトレーザー」などの「Qスイッチレーザー治療」が高い効果を得ることができると言われています。
そのほかにも、トレチノイン治療で浅めのあざを除去したうえで、深い位置の後天性真皮メラノサイトーシスをQスイッチレーザーで取るという治療法もあります。
この治療法の場合、あらかじめトレチノイン治療で浅めのあざをすでに除去していることから、照射を弱くすることができるので、炎症後色素沈着のリスクが低減するというメリットがあります。
ほとんどの病院やクリニックでは、これらの治療に保険が適用されることはありませんので、基本的には保険で除去できないと考えておいた方が良さそうです。
治療にかかる費用は、クリニックや施術する部位、使用するレーザーの機種などによってかなりの幅がありますが、目安としては1ショット25,000円~35,000円(両頬の場合は50,000円)程度になります。

   

もしシミ・ニキビ跡・斑紋・しわにお悩みなら?

 

シミ除去断トツ1位

シミ除去1位.KM新宿/銀座クリニック

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。新宿・銀座で治療可能。 ≫≫KM新宿/銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

シミ除去2位.湘南美容外科クリニック

新宿・渋谷・池袋西口・池袋東口・品川・町田・上野・表参道・横浜・藤沢・橋本・千葉・静岡・名古屋・大阪梅田・大阪駅前・大阪心斎橋・京都・広島・小倉・那覇・仙台で治療可能。 2mm以下は衝撃の2,430円 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

     

もしタトゥーにお悩みなら?

タトゥー除去断トツ1位

KM新宿/銀座クリニック

新宿・銀座で治療可能。

ピコト―ニング・ピコフラクショナルが選べる貴女に最適なご提案を。 ≫≫KM新宿・銀座クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去2位.湘南美容外科クリニック

渋谷・品川・上野・千葉・名古屋・大阪梅田・大阪心斎橋・京都・広島・那覇・仙台で除去可能。 トライアル(1㎠)価格は¥7,900 打ち放題なら価格は¥148,000 ≫≫湘南美容外科クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去3位.川崎中央クリニック

スペクトラピコレーザーの施術は、東日本ではここ川崎中央クリニックでしか受けられない。

刺青治療の歴史を知っているからこそ親身に対応 ≫≫川崎中央クリニック/公式サイト≪≪

 

タトゥー除去5位.横浜中央クリニック

神奈川県横浜市で除去可能。 診察から治療、アフターケアまで名医亀山院長が必ず担当 ≫≫横浜中央クリニック/公式サイト≪≪

     

もし関西でシミ・ニキビ跡・斑紋・しわ・タトゥー除去にお悩みなら?

 

【関西】タトゥー除去・シミ除去/断トツ1位 .ジョウクリニック

関西で一番初めにタトゥー・イレズミ除去治療を始めたクリニックです。会員からこれまでの11年間、地域のイレズミ除去治療専門クリニックとして、日々悩まれている患者様の治療にあたっております。 ≫≫ジョウクリニック/公式サイト≪≪

               

お問い合わせページ  運営会社概要

“シミの種類:ADMの特徴と原因” への2件の返信

  1. ピンバック: x78bn5t37bc45rtb3x45ctbwxds
  2. ピンバック: cm80t54te9tehfgdcfgs

コメントは受け付けていません。